仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


糖質制限の何が良いの?メリットとデメリット

糖質制限のメリットとデメリットをお伝えします。
 

こんにちは、仙台市のソフト整体治療院の石川です(^^)
今回は、糖質制限がどういったものかについて簡単にお伝えして、そのメリットとデメリットについて簡単にですがお伝えしますね!


 
食事バランス図を見ると、
未だに炭水化物が60%ほどを占める食事が
健康的な食事だと言われているけど、
本当はどうなのかな?
 
最近は糖質制限とかもダイエットのブームになっているし、
少しでも知っておきたいかな?
 
という方への記事となります。
 
 
今回は表面的な部分ですが、
健康で幸せな日々を歩みたいと思っている方にとっては
参考にしてくださいね。
 
 
まず、私たちは子供のころから
「脳で使われるのはブドウ糖だけだよ」
と教えられてきました。
 
だから、
ブドウ糖に変わる炭水化物を摂りましょう!
という流れになるんですね。
 
朝食をきちんと食べないと、
頭の回転が悪くなりますよ!
 
とか、
 
ご飯を3食食べないと病気になるよ!
 
とか。
 
 
これすべて間違えです。
 
 
現に、ご飯が3食になったのはつい最近のこと。
 
江戸時代までは2食が普通で、
食べられない場合は、1日1食でした。
 
それでも病気なんてあまりありません。
 
その時代の病気として知られるものは、
伝染病などです。
それは衛生的な環境があまりよくなかったからです。
 
それでも、たぶん今の人たちよりは
強い身体を持っていたと思います。
 
 
「1日3食食べないとパワーが出ないよ」
 
というのも誤りで、
 
江戸時代は食生活は今よりも貧しいし、
1日2食が一般的でしたら、
今以上に一般庶民は活動的でした。
 
心も豊かで、
うつ病などもほとんどいなかったのではと思います。
 
 
現代社会でも、自分から1日2食や1食にしている人もいます。
そしてそういった人たちは1日3食の人よりも健康であったりします。
 
 
断食療法という健康法があります。
諸外国では効果が認められ、
健康保険が使えるところもありますが、
日本は認められていません。
 
 
ロシアでは喘息や難病などが断食により素晴らしい効果があるとされていて、断食を専門とする病院施設があります。
 
そこでは摂取するものは水だけなので、
最初の3~5日ほどは大変です。
 
空腹感との戦いもありますが、
断食をすることで一時的に血液が酸性に傾きます。
そのため頭痛や吐き気、だるさなどが症状として出てきます。
 
しかし、それは一時的なものだということがわかっていますので、そこで断食を終了するというプランはありません。
 
それを超えると清々しい身体が蘇ってきます。
 
 
一般的にエネルギーになるのがブドウ糖という考え方があります。
 
ブドウ糖がエネルギーになりやすいから、糖質である炭水化物を摂った方が良いんだ、という考え方が広く広まってしまいました。
 
しかし、炭水化物から得られるブドウ糖のエネルギー貯蓄期間は12時間から48時間ほどで、それ以降は身体の脂質がケトン体となってエネルギーとして消化されます。
 
そのケトン体が私たちの身体にとって重要なエネルギーであることが近年わかってきました。
(赤ちゃんはケトン体がメインです)
 
 
では、糖尿病を考えてみますね。
今の日本の糖尿病に対するあり方は、カロリーを控えた食事指導がされます。

カロリーを控える食事は、量も少なくなるので、空腹が・・・
 
カロリーを控える食事指導で提案される食事内容は、炭水化物が60%ほど、またはそれ以上となります。
 
炭水化物(糖質)を摂って、タンパク質や脂質を控えましょうね、という食事指導ですね。
 
 
さて、ここできちんと考えてみましょう!
 
糖尿病は食後に血糖値の乱高下が出来ることで膵臓やインスリン受動態(インスリンを受け取る部分)が働きにくくなって起きる病気です。
 
食後の血糖値の乱高下が原因。
 
 
食後の血糖値の乱高下が起きるのは、食後に血糖値が急激に上がるために、インスリンを急に出して血糖値を下げるためです。
 
つまり、食後の血糖値の急激な上昇がすべての引き金になります!
 
 
ここで食べ物を見てみますね。
 
タンパク質や脂質は吸収されても急激に血糖値を上げることはしません。そして脂肪に置き換わることもあまりなく、緩やかにエネルギーとして使われます。
 
糖質、つまり炭水化物(穀物などで、キノコなどの食物繊維が多いものは違います)が血糖値を急激に上昇させる要因となります。


炭水化物(穀物などの糖質)を食べると、血糖値が一気に上がってしまう(-_-;)
 
 
では、なぜ炭水化物ベースの食事が指導されるのでしょう?
 
そのことについては、私はわかりませんが、「今までそうだったから」と言った、正しいかどうかではなく今までの価値観にそった考え方、自分たちが教わった考え方に基づくものらしいです。

あとは、薬でコントロールすればいいという考え方の方もいるようで、薬でコントロールしても糖質が多い状態になれば、血管はボロボロになりやすいくなりますがね・・・
 
 
糖質の摂取を抑えると、血糖値が安定してきます。
 
 
糖質を摂ることで、急激に血糖値が上がると、麻薬作用と同じようなもので快の感覚が出ます。だからインスリンで血糖値が下がった時に、「また糖質を~」って、もっと糖質を摂りたくなります。
 
甘いものがやめられない、というのはこういった生理反応によるものです。
 
逆に、糖質を控える生活をしていると、糖質をそれほど摂りたいという感情が無くなってきます。
(私がそうでした)
 
 
ですので、まずは白米やパン(小麦粉)の摂取を減らしてみましょう。
 
一説によると、白米の栄養価は非常に少なく、小麦粉にはグルテンなどのアレルギーや病気の原因となる部分もあるとされます。
 
 
一般的な考えで糖質を1日3食とると、過剰な糖質が身体の中に入ります。
 
身体はそれをどうするかと言えば、脂肪として蓄えます。
これがインスリンの働きによるところです。
 
糖質に比べて、タンパク質や脂質はインスリンを働かせるわけではないので、脂肪の蓄積にはなりません。
 
つまり、糖質をとればとるほど膵臓が働きインスリンを出します。
インスリンが出ることで、脂肪の量も増えるという流れになります。

つまり、太りやすくなる・・・!!!!
 
以上のことから、糖質制限のメリット・デメリットをお伝えしますね。
 
あ、その前に、ダイエットって考えると絶対にリバウンドしますので、注意してくださいね!
 
ダイエットって考えるということは、体重が下がればダイエットという期間を終えて、前の食生活に戻すということになりますよね。
 
そしたら、前の食生活でそのような体型や病気になったのだから、またその方向に向かいます。
 
糖質制限の良いところは、糖質を完全に制限するのではなく、少ない状態で摂っていきましょうねという点です。
 
これなら、ダイエットと考えず日常的な食生活なので一生続けていくことができますよね。
 
話が少しそれましたが、この記事をダイエットだと思って読んでいる方へは、ダイエットって考えなくても痩せますし、その人にとって良い状態をキープできますよというメッセージを送りたかったもので。
 
 
では、メリットとデメリットです。
※簡単に書いているので、詳細は自分で調べてみて下さいね。
 

糖質制限のメリット

 
※ここでの糖質制限は「絶対に糖質を摂ってはいけない」ではなく「糖質は出来るだけ控えてみましょうね」と言うものです。
 
  • 血糖値の急上昇が無いので身体に優しい
  • 糖尿病の人でも満足の食事が得られる(カロリーはとって良い)
  • 妊婦さんでもカロリーを気にせず食べれれる
  • 膵臓への負担が少ない
  • 脂肪が減る(ケトン体となってエネルギーとして消費される)
  • カロリーを気にせず食べることができる
  • 満腹感が持続する(血糖値の急降下が無いため)
  • 眠気があまり出ない
  • 続けられる(ここが一番のポイント)
 
 

糖質制限のデメリット

 
  • ほとんどの主食に穀類が含まれているので外食が大変
  • 最初の3日ほどは食べたくて仕方がない(禁断症状)
  • 今までの食生活から変わることへの不安
  • 炭水化物好きは決心が必要
 
 
となります。
 
治療家という立場から言えば、
食生活は続かなくては意味がありません。
 
巷にはたくさんのダイエット本がありますね。
キャベツダイエット、ジョギングダイエット、ゲルソン療法・・・
一生続けても身体にとって良いモノならして良いと思いますが、一生続けることを考えずに一時的なモノなら、絶対にリバウンドします。
 
健康は日々が作り出すものだから。
 
 
糖質制限においても、
まるっきり糖質を摂らないというのは現代社会では難しいです。
 
ですので、自分の出来る範囲で「やってみる」ことが大切です。
 
 
コメを食べなければ病気になるとか、炭水化物は絶対に必要なものなんだと考える人もたくさんいますが、まずは1週間ほどやってみればいいと思います。
 
実践しないで、今までの知識があたかも正しいモノとして、実際は騙されていた・・・なんてことはありますね。食べ物によらず社会概念や社会知識として。
 
だから、やってみましょうね!!
 
 
特に糖尿病や糖尿っ気の人は、糖質が血糖値を上げることは明白なので、体質改善においても良い食生活だと思います。
 
 
無理せず楽しみながら、健康なカラダを手に入れて頂けたらと思います。
 
あなたが幸せでありますように(^^)
 
今日もありがとうございます☆☆☆

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ