仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


骨盤矯正と整体

骨盤矯正という言葉は広く使われますが、「骨盤とは」「骨盤矯正はどうして必要なのか」について説明します。
 
 

骨盤とは

 
そもそも骨盤と言われるのは、大腿骨(ももの骨)と脊椎をつないでいる身体の土台となるものです。
 
どのような骨で形成されているかと言いますと、腸骨・恥骨・坐骨・仙骨の四つから成り立っています。
 
よくカイロなどの整体に行くと、「骨盤矯正」と言って横を向いて腰を鳴らすところがありますが、あれは骨盤を矯正しているのではなく、腰椎(腰骨)を矯正しているだけです。
 
確かに腰椎も大切な骨です。
もし不都合な歪みがあれば、整えた方が良いです。

kotsuban.jpg
 

なぜ骨盤が歪むと身体がつらいか

なぜ骨盤矯正が必要か
 
  • 骨盤は身体の土台
  • 骨盤の歪みは足を太くする?
  • 骨盤の歪みで循環が悪くなる
  • 骨盤は大切な臓器を守っている
 
 

骨盤は身体の土台

 
骨盤の位置を見てみると、足と体幹を連結している部分だということがわかります。
また、身体の中で動きが大きいのは上半身で、その支柱となるのが背骨ですが、骨盤は背骨の土台になっています。
 
ここで家をイメージしてみましょう。
基礎がしっかりしていれば、その上に建てられる家も安定して快適な住まいとなります。
土台である基礎がしっかりしていないとどうなるでしょうか?
もし斜めになっていたら、家自身も斜めになってしまいます。
また、斜めになる事で柱一本一本に負担がかかりやすくなるので、柱だけではなくその間の壁に亀裂が入りやすかったりします。
そもそも長く持ちません。
そして、中に住んでいる人にとってもダメージが行きます。
床が斜めであれば平衡感覚に支障をきたしますし、壁などが歪んでいて隙間風が入ってくれば体調も悪くなりやすくなります。
 
 
これを体で考えると、基礎の部分が骨盤となります。
柱は背骨、背骨が歪むことで背骨を中心として全体の均衡を保っている筋肉にストレスがかかります。この場合は家でいう壁が筋肉ですね。
ただし、筋肉のバランスが崩れることでも背骨に負担がかかったり骨盤に負担がかかったりと、身体の場合は相互関係になっていますが。
 
 
骨盤が歪むと身体全体にその影響が波及してしまいます。
 
 

骨盤の歪みは足を太くする?

 
また、骨盤矯正で骨盤の歪みを整体で整えてあげると、足が細くなる方もいます。
患者さんでは、治療をしているとズボンが緩くなってきたという方が多くいます。
 
それは、バランスを整えることで筋肉の無駄な緊張がなくなり安定した状態になるからです。
筋肉は緊張すると縮み太くなります。
骨盤が安定していなければ緊張しやすい状態、つまり筋肉が太くなっている状態がキープされやすくなります。
 
上半身から骨盤にかけては多くの筋肉がありますが、骨盤から足に繋がっている筋肉も多くあります。
たとえば、もも(大腿)の大腿四頭筋やももの後ろ側のハムストリングなど。
それを介して、膝から下の筋肉にも影響を及ぼします。
 
ふくらはぎがパンパンで圧痛がある方でも骨盤矯正することでふくらはぎが緩みます。
 
 

骨盤の歪みで循環が悪くなる

 
筋肉が緊張しているとどうなるでしょうか?
その間をとおっている血管やリンパ管が圧迫されます。
そうなると、血液やリンパ液の流れが悪くなります。
 
筋肉の緊張が緩むと、循環も流れやすくなりますよね。
足のむくみの原因にもいろいろとありますが、骨盤の歪みが一つの原因になる事があります。
また、足がつるという方もいますが、それも循環系の問題だったりします。
 
 

骨盤は大切な臓器を守っている

 
そして、特に女性にとって言えることなのですが、骨盤の中にはとても大切な臓器があります。
それが骨盤によって保護されています。
 
大腸や小腸、膀胱、子宮、卵巣…
 
もし骨盤の歪みがひどいときは、骨盤内の循環が悪くなるために、生理痛などの症状が出やすくなります。
 
 
骨盤矯正で骨盤の歪みを正してあげることは、全身の筋肉バランスや循環を改善すること、そしてまだ病気になる前の不調(未病)を予防することに繋がります。
 
 

骨盤矯正はどのようは整体を施術する

 
骨盤矯正の仕方にはいろいろな施術法があると思いますが、当院での施術法を紹介します。
 
骨盤は腸骨・恥骨・坐骨・仙骨から成り立っています。
 
腸骨と恥骨と坐骨は小さいころは分離していますが、大人になると一つの骨にくっつくとされています。
実際に解剖学で骨盤を見てみてもがっちり一つになっています。
 
しかし、人間の中には腸骨・恥骨・坐骨がバラバラだった記憶がきちんとあるようです。
腸骨の位置異常、恥骨の位置異常、坐骨の位置異常がそれぞれ骨盤やその周辺の筋肉などに影響を与えていることがわかっています。
 
また、仙骨と腸骨の関節を仙腸関節と言いますが、その関節は現代医学では「動かない」とされていますが、「動きます」。
 
現代医学の基礎が、解剖学にあります。
解剖学はとても素晴らしい学問の一つですが、人体解剖はなくなった方のお身体を借りて解剖することになります。
ということは、動きのない身体を解剖することになるため、どうしても生きている生命体とは異なる部分が出てくると考えます。
 
実際に、頭は数個の骨でできていて、現代医学ではそれらの骨は密着して動かないとされていますが、手で触れると動いているのがわかります。
 
話を戻しますが、当院では腸骨・恥骨・坐骨・仙骨それぞれの位置を整えてあげることを大切にします。
 
お尻の筋肉(梨状筋、中臀筋、大臀筋)や前の筋肉(腹直筋)などで骨盤が引っ張られて歪みが起きていれば、それらの筋肉にアプローチして骨盤の引っ張りを緩めます。
 
また、骨盤が歪むことで筋肉が緊張していれば、その筋肉には圧痛(押した痛み)が出ます。
それも一つの指標としています。
骨盤が整えば、圧痛も消えます。
 
その根本には『検査』(キネシオロジー)により歪みなどを患者さんと一緒に把握していきます。
そこで出てきたものに対して、非常にソフトな手技を用います。
 
バキボキなどはしていません。
また、強く揉むこと(強揉み)などもしていません。
 
中には寝てしまう方もいるくらいソフトな手技です。
 
慰安的な整体院などでは左右を決まった手技で一通りやりますが、当院では違います。
 
坐骨は左右ありますが、右にだけ位置異常が確認されれば、右だけ整えます。左に無理なストレスをかけると別の症状の原因となるからです。
 
そのように、腸骨・恥骨・坐骨・仙骨の位置異常をソフトに正していくというのが当院の骨盤矯正です。
 
もちろん、当院では骨盤だけではなく全身のバランスを重要視しますので、首の骨や脚の骨などの位置の確認も行っていきます。
 
骨盤矯正だけではなく、全身を整えることでより良い身体づくりをサポートしています。
 
 
痛みや病気を回復しやすい体作りだけではなく、未病の段階で病を予防するサポートをしています。
メンテナンスで月に1~2回来院される方も多くいます。
 
長く付き合っていくお身体です。
身体が元気だと心も元気になりやすいですよね♪
心が元気だとゆとりが出て、家族やパートナーや友達に対しても笑顔で接することができます♪♪
 
どうぞ幸せな人生を歩んでほしいと思います。
 
 
石川はりきゅう整骨院

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ