仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


自律神経と病気の関係

自律神経と痛み・不調・病気

 
 
ちょっと知っていてほしい、
自律神経と身体・心の関係についてお話します。
 
 

自律神経って?

 
自律神経は私たちの身体の「生きる」を支えている神経で、
気持ちでコントロールすることができません。
 
筋肉なら、動かそうと思えば動かすことができますが、
自律神経は勝手に動いてくれます。
 
たとえば、
呼吸は何も考えなくてもできます。
内臓も勝手に動いてくれます。
 
言い換えると、「自律」して動いています。
このような神経を自律神経と言います。
 
 
 
自律神経には交感神経副交感神経があります。
 
生きていくにはどちらも大切!!
 
 
交感神経は働いたり戦ったり、緊張した時に活発になります。
 
血管が細くなります…出血しにくくするため
血圧が高くなります…血管が細くなるため
循環が悪くなります…血管が細くなるため
消化器系の動きが悪くなります…筋肉へ血液を送るため
顆粒球(白血球)が増えます…細菌が入ってきてもやっつけるため
がん細胞が増えます…循環不良や活性酸素の増加のため
手足が冷えます…毛細血管の流れが悪くなるため
副腎皮質ホルモン分泌が盛んになります…外部に抵抗するため(長期は危険)
 
 
副交感神経リラックスしたり幸せ感を味わっているときに活発になります。
 
血管が太くなります…循環を良くして組織の回復を促すため
血圧が安定します…高くする必要がないため
循環が良い状態が保たれます…血管が細くならないので流れやすいため
消化器系の働きが良くなります…消化・吸収・排泄を促し健康を維持します
リンパ球(白血球)が増えます…がん細胞やウイルスを撃退するため
がん細胞が食べられます…リンパ球のNK細胞が活発に働くため
手足が温まりやすくなります…毛細血管が開きやすいため
副腎皮質ホルモン分泌が安定します…外敵に対応しなくて済むため
ホルモンバランスが安定します…循環が良くなるため
 
 
交感神経副交感神経は、お互いがシーソーのように働いており、
片方が活発だと、もう片方はちょっと収まるような関係です。
 
人間は、子供のころは副交感神経が活発になりやすいため、
風邪を引くと熱を上げやすく、リンパ球が盛んに働き、風邪がすぐに治ります。
ただ、副交感神経が優位すぎると、アレルギーが出やすくなります。
 
ぜんそくやアトピーもアレルギーですが、
大きくなるにつれて、症状がなくなる人が多くいるのは、
大きくなるにつれて、交感神経が優位に働くようになるからです。
 
 
 
自律神経は絶妙なバランスを取りつつ、
健康に過ごすようサポートしています。
 
 
昼間は活動することが多いので、
怪我や細菌に強いように交感神経が優位に働いて、
 
夜はゆっくり休むことが多いので、
細胞の修復やウイルス撃退に強い副交感神経が優位に働きます。
 
 
 
 

病気の人は何が違う?

 
私たちが社会の中で暮らしていくには、
さまざまなストレスを受けます。
 
 
  • 心のストレス
  • 食べ物のストレス
  • 身体のストレス
 
 
これらのストレスに対して抵抗するために、
交感神経が一生懸命に働いてくれます。
 
ストレスに抵抗=交感神経が働く
 
と考えてもいいかもしれません。
 
 
ストレスにさらされた状態が続くと交感神経がずっと働いていることになるので、
身体の循環が悪くなります。
悪くなると、「血管を広げて!」と信号を出す物質が増えます。
それが発痛物質なのです。
 
また、交感神経が働くときは、白血球の中の顆粒球が増えることがわかっています。
顆粒球は活動すると、活性酸素を放出するので、
その活性酸素で細胞が傷つけられます。
これによっても組織の炎症などが発生します。
 
 
大半の病気の方の身体は、交感神経が優位の状態になりすぎています。
 
循環が悪い、活性酸素が多い、組織の炎症が出ている、交感神経が働きすぎている…
 
 
このような状態が続くと、筋肉が痛いとか凝るというだけじゃなく、
内臓の疾患にもつながってしまいます。
 
がんも、大半が心や体へのストレスでできています。
それは、がんについての項目に書かせていただきます。
 
 
 

交感神経優位から副交感神経を活発に!!

 
 
交感神経が優位になりすぎている状態は、どうすれば改善できるでしょうか?
それがとても大切なことになります。
 
副交感神経がきちんと働くようにすれば、
相対的に交感神経が休まることとなりますから。
 
 
 
では、副交感神経を刺激するにはどうすればいいか…
 
それは身体に気持ち良いことをしてください(^-^)
 
 
  • 身体の歪みをソフトに整えてあげる
  • 好きな音楽を聞きながらゆったりと過ごす
  • 温かいお風呂に30分以上かけてゆったり入る
  • 痛い動きをしない
  • お笑いのテレビを見てたくさん笑う
  • 手や足の指を刺激する(自律神経の反射点があります)
  • 朝早く起きて、お日様の光を浴びる
  • リズム運動をする
  • 深呼吸をたくさんする
  • 瞑想する
 
 
できることからでいいので、
なが~く続けてみてください。
 
 
これから何十年と一緒に過ごしていくお身体です。
少しずつでもメンテナンスをして、
毎日を快適に過ごせるように楽しみましょう。
 
あなたの生活が幸せでありますように。


石川はりきゅう整骨院の整体は、
ボキバキなどの危険な動きはありません。
リラックスして受けていただき、身体の歪みを整えていく手技です。
話をしながら、不安を解消しながら行います。
 
 
 
 
ここからはちょっと踏み込んだ話になりますので、
時間のある時に読んでみてください。
 
 
 

自律神経と白血球の関係

 
 
これを理解すると、病気の原因と治し方がわかってきます。
 
 
自律神経には交感神経と副交感神経があるというお話はしました。
 
実は、交感神経や副交感神経は白血球ととても深い関係があることがわかりました。
 
 
白血球には顆粒球リンパ球単球の三つに大きく分けられます。
 
顆粒球は細菌などの大きな異物に対して攻撃をします。
顆粒球が活動すると、活性酸素を排出します。
この活性酸素はとても反応性があるもので、細胞や遺伝子などを傷つけてしまいます。
顆粒球は温度が高くなくても働けます。
 
 
リンパ球はウイルスやがん細胞などのような小さい異物に対して攻撃をします。
リンパ球の一つ、NK細胞はがん細胞を食べてしまうことが知られています。
 
(ウィルヒョウのがん細胞の扱いが間違っていることはここで示されます)
 
リンパ球は免疫力にも関わり、体内の監視も行っています。
体温が高いほど活発に働きます。
風邪を引いたときに熱を出すのは、
リンパ球が働きやすい環境を作り、
早くウイルスを撃退するための防御作用(自然治癒力)です。
 
 
単球は場所によりさまざまな働きをしますが、
大きな意味で、顆粒球やリンパ球に変身するものととらえていてもよいかと思います。
 
重要なのは、顆粒球とリンパ球の数と働きです。
 
 
 
 

自律神経と白血球の関係は

 
交感神経が活発だと、顆粒球が一生懸命働き、
副交感神経が活発だと、リンパ球が一生懸命働く
 
というものです。
 
 
だから、夜寝ないで遊んでいると、
交感神経がずっと活発な状態なので、顆粒球が増えます。
顆粒球が増えると、活性酸素が増えるので、
それが皮下や口の粘膜を刺激すれば、
ニキビや口内炎ができてしまうのです。
 
 
よく、がん治療で三大治療(抗がん剤、手術、放射線療法)を受けた人は、
口内炎で苦しんだりします。
 
これはがん治療の三大治療で身体にとっては非常なダメージを受けて、
それに抵抗する反応として交感神経が活発に働きすぎてしまったためです。
 
もちろん、白血球数も激減するので、がんを治すための治療が、
実はがんを作りやすくしていると考えることもできるのです。
 
 
 
逆に、夜はしっかりと休んで、身体を徹底的に温めると、
副交感神経が活発な状態となるので、リンパ球が増えます。
リンパ球が増えると、ウイルスに対して抵抗力が上がったり、
身体の中のがん細胞を食べてくれるNK細胞が増えて
より健康になろうとします。
 
 
末期で医療が施せない方の中に、がん細胞が無くなる方がいますが、
病気は自分で作ったものとして、身体を徹底的に温め玄米採食をした方が多いようです。
 
 
 
他に、交感神経が働きすぎているとどうして身体に悪いのかを
もう少し見ていきます。
 
 
 
交感神経が働きすぎると、顆粒球が増えるので、
そのために活性酸素が多くなります。
 
これは、肉食や偏食でも同じようなことが起きます。
(肉食については別のページで)
 
活性酸素が血液中に多くなると、血管の表面が傷つけられます。
血管の表面に傷がつけば、弾力性が失わられるので、血液が流れにくくなります。
脂肪なども付着しやすくなります。
 
そのために、血液循環不良が起き、より末端の組織への新鮮な血液が不足します。
それを補うため、血圧をあげて末端の組織に血液を送ろうとします。
 
これが高血圧の原因となります。
 
 
高血圧だから、降圧剤と安易に考えがちですが、
 
高血圧になった原因を少しでも取り除いてあげる方が健康への近道だと思います。
 
降圧剤を多用すると、必要だったところに血液が行きにくい状態が変わりませんから、
その組織は死んでしまいます。
 
近年になって脳梗塞が多くなっているのは、
循環不良(冷えも含む)などがかかわっていると考えられます。
 
 
 
このように、自律神経と白血球の関係を考えてみると、
 
いかに自律神経を整えることが大切かということがわかってきます。

自律神経は脳や背骨から身体全体へ行きわたります。
背骨を整え、骨についている筋肉を緩め、全身のあり様を元に戻す事で、
自律神経の正常化を促すことができます。
 
 
 
多くの人が交感神経が過剰に働くような生活をしています。
 
 
  • 人間関係などの心のストレス
  • 偏食、過食、肉食などの身体のストレス
  • 過酷な労働
  • 仕事のストレス
  • リフレッシュをする時間が取れない
  • 身体の歪みを放っておく
  • 冷たいものを好んで食べる
  • 夏はガンガンに冷房をかける
  • 冷え性をそのままにしておく
  • ちょっとの痛みでも我慢する
  • すぐに薬を多用する
  • 文句や悪口を言ってしまう
  • 自分の感情はコントロールできないものだと思っている
  • どこかからか飛んでくる黄砂
  • 大気汚染
 
 
さまざまなものがストレスの原因となり、交感神経が働きすぎの状態となります。
これらをみると、生きている中では、大なり小なり、交感神経が過剰になりやすい状態にあると言えます。
だからこそ、気づいたときや定期的に、自律神経・身体・心を休ませる必要なあるのです。

 
もしお身体に不調や痛みがあるようなら、
 
迷うことなく、
身体の歪みを整え、身体を温めて、ニコニコ笑って過ごせる生活にしてください。
 
 
あなた様がいつでもいつまでも笑顔でありますように!!
 
 
石川はりきゅう整骨院
 
石川善徳

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ