仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


理由について

人は自分の行動に理由を付けるとき、良き意味につけるケースと悪き意味につけるケースがあるようですね。

良き意味と悪き意味にはとても差があります。

良い意味の時は自分の良心や愛が理由になる時。

そして、悪き意味の時は他人(家族や子供など)を理由にするとき。


平たく言うと、良き意味の時は、自分に素直なんですね。
そして、悪き意味の時は自分を偽ったり他人のせいにするような意味になります。

そして、悪き意味での理由を付けていると、本当の自分を否定することとなり、結果としてうまくいかなかったりするんです。


良き理由の例

私は○○したいから、○○しよう。
あの人に笑ってもらえると、僕はうれしいから、あの人を笑わせよう。
お腹がすいたから、おいしいものを食べよう。
子どもの身体が良くなったら『私が』うれしいから、子供に良いものを食べさせてあげよう。


悪き理由の例

私が○○したらあの人は喜ぶだろうから、○○しよう(あの人が主体)
あの人に笑ってほしいから、自分を卑下しよう(あの人が主体)
食べないとあの人に嫌われるから食べよう(あの人が主体)
子どもが駄々こねられるのが嫌だから、子供に食べさせよう(子供が主体)


人のため(為)と書くと、偽善の偽(いつわり)となります。

それは、自分が主体ではないよというメッセージになりますね。


相手を思い、相手が喜ぶかをが、結果として自分がうれしいことだ・・・と思って行動することは偽善ではなく、自分主体の考え方のため、見返りを期待しません。

だから、疲れないし、愚痴も出ない。


でも、疲れたり、「やってあげたのに!」と愚痴や文句が出るようなら、それは偽かもしれません。


自分の人生は自分でしか作れません。

あなたの人生の主人公はあなた以外の誰でもありません。
あんただ「だけ」が主人公。


だから、いつでも自分が「輝く」ような人生を創ってみましょうね。

もちろん、自分が輝くために周りも輝かせるという理由で周りに「何か」をしてあげること、それは偽善ではなく善となり、宇宙貯金されて利息が付いて、結果として自分に戻ってきますよ♪



あなたの人生のシナリオはできていますでしょうか(^^)?

楽しく幸せな『時』を作っていきましょうね♪


今日もありがとうございます☆☆☆

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ