仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


風邪に抗生物質投与は控えて!

厚生労働省の有識者委員会が日、軽い風邪や下痢に対して、抗生物質(抗菌薬)の投与を控えるように呼びかける内容の手引書をまとめましたね。
 
 
 
前々から言われていることですが、抗生物質を使いすぎると、耐性菌が生まれます。
 
耐性菌は抗生物質が効かない菌のことです。
 
 
また、患者さんのお話を聞くと、風邪をひいて病院に行ったら抗生物質が渡されたということがありますが、一般的な風の原因となるのはウイルスなので、抗生物質は効かないです。
 
そのことに対しても、この手引書では風邪などに対して抗生物質の投与を行わないことを推奨するといった内容も盛り込まれました。
 
医師が患者さん対しても、「抗生物質は風には効かないからね」と説明することが大切です、としています。
 
 
また、下痢についてですが、下痢はウイルスを早くお腹の中から外に出すために行う身体の反応です。
 
安易に抗生物質を使わないようにすることも重要です。
 
安易に抗生物質を使うと、症状が長引くため、体力が過度に奪われてしまいますから。
 
 
この抗生物質の使い過ぎによりできる耐性菌(薬剤耐性菌)は、ここ数年、非常に大切な課題とされています。
 
厚労省が、薬剤耐性菌への対策を取らなければ、2050年には同菌によって世界で1千万人以上の人たちが亡くなるようになるとの推計もしています。
 
 
人は昔から、さまざまな菌やウイルスと共存して生きてきました。そして、身体に悪いものに対しては身体の外に排泄する力を発揮して排泄したり、またはリンパ球や顆粒球と言った白血球と体温の免疫力を生かして、生命をつないできました。
 
 
私たちの身体には、そういった力が組み込まれています。
発揮するか発揮しないか、そのスイッチをONにするかOFFのままで過ごすかの違いです。
 
 
薬を全否定するわけではありませんが、薬を多用する前に、自分の免疫力を上げる生活がとっても大切ですし、それが土台だと思います。
 
 
きっと風邪をひいたり病気になったりするのは、「あなた、生活に気を付けていますか?日常の考え方や過ごし方を良い状態にしていますか?身体と心が喜ぶことをしていますか?」と、身体や自然からのメッセージなのかもしれませんね。
 
 
どうぞお身体・お心、お大事になさってくださいね。
 
今日もありがとうございます☆☆☆

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ