仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


ぎっくり腰で腰が曲がったまま伸ばせない!

石川はりきゅう整骨院です。
今日はかなり暑かったですが、如何お過ごしでしたでしょうか?
 
参議院選挙でしたね。
日本が誰もが心健やかに幸せに暮らせる「場」となる事を祈っています。
 
 
さて、今日の話はぎっくり腰のお話です。
 
ぎっくり腰は一年を通してみられる症状の一つでもありますが、患者さんを診ていますと、特に注意する時期があります。
 
それは「気温差」が大きなときです。
 
季節で言うと、春や秋、そして今の梅雨の時期でもそうです。
ぎっくり腰以外には首が痛い・・・そう寝違えも増える季節ですね。
 
 
先日来院された方も、朝晩の気温がググッと低かった雨の日にぎっくりになった方でした。
 
前の日の夜に、ちょっと中腰になった時にピキッとした感じがあった。
 
そのままひどくはなかったので、ビールを飲んで寝ました。
 
そしたら、朝から痛くて立ち上がれない。
朝、布団から立ち上がるのにどうすれば立ち上がることができるのだろうかと自問自答しながら、ゆっくりこうでもない、ああでもないと動きながらなんとか立ち上がることができました。
 
今は腰を伸ばすことができないので、こんな姿勢です(くの字に曲がっている)。
 
とのことでした。
 
 
当院ではどんな症状でも全身を診ていきます。
それは、腰が痛いからって、腰に原因があるとは限らないからです。
 
 
その患者さんの場合、確かに腰、特に仙腸関節と第5腰椎に負担がとても多くありました。
 
まずは身体の歪みを整える。
そしてゆっくり座ってもらって歩いてもらう。
 
痛みは軽減しましたが、まだちょっとくの字。
 
座った姿勢で身体に聞いてみると、座っている状態がちょっと斜めに負担がかかっているとのことだったので、それを修正してあげました。
 
そしたら、ほとんど真直ぐな姿勢で歩けるようになりました(^^)
 
 
人の身体の不思議さ。
患者さん以上に私が思っちゃったりして。
 
帰りはかなり楽に帰られました。
 
帰りに玄関で靴を履くときに
「あ、しゃがめる!!」
と驚いていました。
 
靴を履くことが大変だったこと、この時知りましたが、楽になっていただけて良かったです。
 
 
気温差があるときは、
内臓を冷やさないように注意してくださいね♪
 
内臓を冷やしすぎますと、内臓を保護しようとお腹まわりから腰回りの筋肉が硬くなりやすくなります。
 
そこに無理な負荷がかかってしまうと、筋線維が痛んだりします。
 
また、腰などに起きなければ、そのつじつまを合わせるような形で肩や首に症状が出る場合もあります。
 
どうぞお気を付けくださいね。
 
 
あ、足は温めるようになさってください(^^)
 
今日の報告以上になります。
 
今日も読んでいただけ、感謝してます☆☆☆
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ