仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


脊柱管狭窄症

今日もありがとうございます。


今日は、脊柱管狭窄症の方の考察です。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、
間欠性跛行ですね。

数メートル歩くと腰が痛くて立ち止まって、
前かがみになるとまた少し歩けるようになる。
それを繰り返す歩き方です。


その方は、散歩の途中で急に歩けなくなりました。
右足(足関節の外側)にしびれもあります。
右のお尻から足にかけて激痛が走るため、歩けないとのことでした。

整形外科を受診すると、脊柱管狭窄症で手術が必要になるかもということを言われたようです。
手術は嫌なので、当院に来院されたとのことでした。

当院での施術は、他の方と同じように、まず身体全体の歪みを見ていきます。
キネシオロジーを行いながら。

そこでは、仙腸関節、恥骨、腓骨、頚椎(首)などの歪みが認められました。
それを一つ一つソフトに調整していきます。

最初は、施術後に症状がかなり楽になりますが、
時間が経つと、どうしても痛みが出て来るとのことでした。


でも、うれしいことに…

最近は
「歩けるんです」
「痛みがほとんどありません」
「ずっと歩いていると、ちょっと痛みが出てくる感じですが、
今まで立っているだけでも辛かったのが、大丈夫です」

とのことでした。


ここで、脊柱管狭窄症というのは、病院が付けた名前です。
それが腰痛の原因かどうかは不明です。

しかし、腰痛を持っていない方でも、
ヘルニアや脊柱管狭窄症が見られることが多々あります。

まずは、全身のバランスを整えること。
そして、今までのバランスを崩す癖を直してあげること。

それがとても大切だということを
改めて気づかされた症例でした。

今日も、ありがとうございます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ