仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


強揉み整体・マッサージはいいのだろうか?

強揉みは循環を良くしているのか?
 
 
リラクゼーションや整体院、そしてマッサージ院の中には
強揉みを主流とするところがあります。

確かに、強揉みをすると反射で一時的に筋肉が柔らかくなることはありますが…
僕はされるのもするのもちょっと気が引けます。
 
ここでは、私個人の「強揉み」に対する考えをお伝えします。
 
 
 
身体には動脈と静脈があります。
 
動脈は心臓から抹消まで行くライン。
抹消では毛細血管となって、そこで終わりです。
 
一般的に動脈が静脈に繋がっているイメージを持っている方もおりますが、
多くの動脈は抹消の毛細血管で終わりで、
静脈とつながっている動脈は多くありません。
 
 
【行き】心臓→動脈→毛細血管→細胞
【帰り】細胞→毛細血管→静脈→心臓
細胞→毛細血管→リンパ管→心臓
 
 
心臓から細胞への動脈の誘導は心臓の拍動で押し出されます。
 
心臓に戻る経路は心臓の拍動はほとんど関係しません。
動脈に沿って流れている静脈は、動脈の拍動で押される部分がありますが、
手足の静脈・リンパは筋肉の収縮がポンプの役割をして流します。
 
筋肉が動くことで、静脈やリンパの流れを促します。
 
 
大きな動脈は中心部を流れ、毛細血管に行く動脈は表面に出てきます。
毛細血管や静脈は筋肉の表面や中を通ります。
 
 
さて、ここで強揉みを考えてみます。
 
 
強く揉むと、どうなるか・・・
 
筋肉をギュギュっと押すことになります。
そうすると、筋肉の表面を流れている毛細血管を押しつぶすようになります。
毛細血管を押しつぶすと、内出血をしやすくなります。
 
また、筋肉が収縮するときは、
静脈やリンパ管に対して適度にポンプ作用を行いますが、
ギュギュっとした押し方は筋肉の収縮とは全然違います。
 
したがって、静脈やリンパ管をただつぶすだけで、ポンプ作用とはなりません。
 
押されている方は「あ~、効きそう」と思いますが、
実際に筋肉で起きていることは、
毛細血管を傷つけたり、リンパ管をつぶしすぎたり、筋線維傷つけたりするため、
後で組織の状態が悪くなったりします。
 
それが強くなったのが揉み返しとなります。
 
 
そのため、強揉みは循環を促進することにはならないと考えられます。
それどころか、内出血を起こしたとすると血小板の働きで循環が悪くなります。
 
そのために、静脈が戻りにくくなります。
 
 
循環が悪くなると、細胞に対して栄養と酸素が不足してしまうため、
損傷の改善が遅くなります。
 
 
ですので、循環も含めたトータルでの健康を考えた時は、
強揉みではなく、適度な軽い刺激、そして骨盤矯正など全身の位置改善
それが大切になってきますね。
 
 
 
今日も元気で笑顔でお過ごしください。
 
石川はりきゅう整骨院

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ