仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


薬をやめる喜び

先日の患者さんの喜びをシェアさせてくださいね。
 
 
家族が精神疾患を患い、多量の薬を飲んでいたが、
薬をやめたら症状がすべて落ち着いてきた。
 
 
 
 
約10年前、Aさんの家族のBさんが鬱っぽくなりました。
 
Bさんは自分で変だと思い近くの心療内科に行きました。
心療内科では薬をもらいました。
 
なかなか良くならないので、Bさんは病院を変えます。
薬はあまり変わりませんが、薬の量が増えました。
 
そして症状が変わるどころか、悪くなる一方なので病院を変えます。
 
毎日、お腹いっぱいになるほどの薬を処方され、
「良くなる」と信じて飲みました。
 
 
病院にかかる前には気分の沈みや鬱が主要な症状でしたが、
心療内科の薬を飲んでいるうちに幻覚を見たり、
家族に当たったりするようになりました。
家族もBさんには近づけませんし、反発もできません。怖いから。
 
 
そして、ある日Bさんに湿疹が出ました。
湿疹が出たことを主治医に電話して言うと、
薬の副作用で出ることもあるので、様子を見てくださいと言われました。
湿疹も見ずに、主治医は言いました。
 
そのことにBさんは不信感を覚え、
また病院を変えるようにしました。
 
 
そこで新しい病院に行くと、そこの医師から
「Bさん、あなたは薬の副作用が強いからまず薬をやめましょう」
と言われ、入院して薬をやめることにしました。
 
 
それから1か月後、Bさんは一時帰宅しました。
 
Aさんや家族はBさんの変わり様に驚きました。
 
 
あれほど情緒不安定で周りには関心を示さず、危険だと思うこともあったのに、
薬をやめて戻ってきたBさんは病院に行く前(約10年前)に同じような感じでした。
 
子供とも話をするし、周りとのコミュニケーションもできます。
時々、気分の沈みはありますが、そんな時は「ちょっと沈んでいるか休むね」と言って、
少し休むと回復してまた家族との時間を楽しんだり。
 
 
Aさんはうれしさのあまり、今にも泣きそうな感じで私に話をしてくれました。
 
 
 
悪くなったら薬
それでも悪くなったらもっと薬
薬薬薬・・・
 
薬信者になってしまうと、
見えるものが見えなくなってしまうことがあるようです。
 
 
病気の中には、薬が必要な場合があります。
足りなくなったホルモンを補ってあげたりすることも時には大切。
止血剤なども大切。
救急で使われる薬も「命」にはとても大切ですよね。

 
ただ、
 
医師に「高脂血症の薬をやめたい」と言ったら、
すんなり「じゃ、やめましょうね」と言われやめた方。
 
処方された風邪薬をもらったら身体が痛くなったので、
やめたらその痛みが治った方。
 
そういうリスクもあるんだなぁと飲む方も納得することが大切のようですね。
 
 
とてもうれしそうに話してくださったAさん。
 
心からよかったなぁと思いました。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ