仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


腰痛を招く意外な原因

ほとんどの整骨院や整体院では、施術の対象となる症状に腰痛が含まれています。それぐらい腰痛の人が多いということです。座りっぱなしの生活や重い荷物を持つことも腰痛の原因ですが、私たちが何気なくやっていることも腰痛を招く原因になっている場合があります。

きつい下着

下着は毎日身につけるものなので、デザインや素材、履き心地など各々でこだわっている部分があると思います。下着の中にはスリムに見せるため、身体を締めつける作りになっているものがありますが、このようなきつい下着を履き続けると腰痛になる可能性が高くなります。下着によって身体が締めつけられると血流が悪くなり、腰に負担がかかって腰痛になりやすくなるのです。

下着のゴムが当たる部分に痛みを感じる、お腹やお尻の肉が下着のゴムからはみ出ている、歩くと下着が擦れて痛い、この中のいずれかに当てはまる方は、下着の買い替えをおすすめします。

カバンの持ち方

カバンの持ち方

仕事や買い物に出かける際、荷物が入ったカバンを持って行動していると思いますが、毎回同じ手でカバンを持ち続けていると腰痛になりやすいです。その理由は、同じ手でカバンを持つことで重心が片方に傾き、身体が歪んでしまうからです。

ショルダーバッグやアタッシュケースを持つ際は、左右交互に持ち替えましょう。買い物の荷物を持つ際も交互に持ち替えるか、荷物を2つに分けて両手で持つようにしてください。

ハイヒール

多くの女性は、仕事やプライベートでハイヒールを履いています。ハイヒールを履いても姿勢良くしっかりと歩ける人は特に問題ありませんが、ハイヒールを履くと姿勢が崩れてしまう人は、腰や骨盤を支えるための筋肉が弱いため、腰に負担がかかって腰痛になってしまいます。無理してヒールの高い靴を履くことを避け、自分の足に合った歩きやすい靴を履きましょう。

脚を組む

脚を組む行為は、「骨盤の歪みがある」ということを意味します。そして、脚を組むことでさらにそれを助長してしまいます。
腰痛を持っている方に「脚を組むと落ち着く」という方が結構います。脚を組んでいる方で「腰は痛くない」という方がいますが、肩や首に症状があらわれていることもあります。
腰に症状が出ていないからと言って、これから症状がでないということにはなりません。負担が蓄積している場合、ちょっとした動作でぎっくり腰などの症状が現れることもあります。出来るだけ脚を組まないことをおすすめします。

高さのある枕を使っている

睡眠をとるときに高さのある枕を使っていると、顎を引いたになり、背中の筋肉が上下に引っ張られた状態が続くことになります。骨盤から頭まで伸びている脊柱起立筋という筋肉が伸ばされた状態になります。
筋肉は伸ばされていると「切れるのが怖い」ということで緊張してしまいます。つまり、腰から背中までの筋肉が常に緊張している状態になります。
それが何かの拍子にバランスを崩れて腰痛の原因となってしまいます。高さのある枕や、低反発の枕はお控えください。

横になりながら本を読んだりスマホをする

横になりながら本を読んだりスマホをしたりすると、確実に骨盤が歪みます。骨盤が歪むと、腰周辺の筋肉のバランスが崩れるので、腰痛の原因となります。
寝るときに横を向いて寝たり、うつ伏せで寝たりするのも同じことです。出来る範囲で構いませんが、寝るときは仰向けで、そして横になりながら本を読んだりスマホをしたりすることをお控えください。

一度腰を痛めると慢性化しやすいです。宮城県仙台市宮城野区東仙台にある石川はりきゅう整骨院では、腰痛などの身体の不調に対する整体を行っています。仙台市内で整体が受けられる場所をお探しの方は、石川はりきゅう整骨院をご利用ください。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ