仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


むちうちの種類と特徴

むちうちの種類と特徴

交通事故の中で特に多いケガは「むちうち」です。むちうちは病院の検査でも発見が難しいため、治療をせずに放置してしまい、後から痛みが出てくるという事象が度々発生しています。
治療が遅れてしまわないように、むちうちの主な種類と特徴を把握しておきましょう。

頚椎捻挫型

頚椎捻挫とは、首を固定する筋肉や靭帯が損傷している状態のことで、首の曲げ伸ばしを行うと痛みが生じます。首を動かすと痛むので、首の動きが制限されてしまいます。
むちうちの症状でも特に多いのが、この頚椎捻挫型です。首の痛みの他にも、前腕部、指先のしびれ・めまい・頭痛・吐き気・耳鳴りなどの症状が現れることもあります。

頚椎捻挫の症状は、事故が発生した日の翌日や数日後に現れるケースが多いです。
石川はりきゅう整骨院の整体術は、痛みの有無を問わず全身のバランスを見てソフトにアプローチするので、仙台市内で交通事故に遭われた方は痛みが無い場合でも、石川はりきゅう整骨院へお越しください。

神経根症型

脊髄から出る神経の根本部分には、知覚神経と運動神経が集まる神経根という場所があり、神経根の損傷を主体としたむちうちを神経根症と言います。神経根症型のむちうちは、障害を受けた神経根が支配する部分に症状が出るのが特徴です。後頭部・頚部後側面・上背部・腕・肩・手などに神経症状が出たり、肩や腕のしびれが出たりします。

脊髄症状型

脊髄症状型は、外傷が原因で髄液が漏れ出し、髄液圧が低下することで引き起こされる症状です。
むちうちの症状の中でも特に重い症状です。軽度であればめまいや吐き気、頭痛などの症状が現れるのですが、重度の場合は歩行障害や手足のしびれなどの知覚異常が見られます。

バレ・リュー症状型

バレ・リュー症状型は事故の衝撃で交感神経が損傷することで発症する症状です。
後部交感神経症候群とも呼ばれています。交感神経を損傷すると椎骨動脈の血流が低下するため、頭痛やめまいが起こります。また、目のかすみや耳鳴り、難聴、吐き気といった症状もあります。

同じむちうちでも、ダメージを受けた場所や衝撃の程度によって、様々なタイプに分かれます。処置が遅れると症状が長引くおそれがあるので、お早めに石川はりきゅう整骨院へお越しください。石川はりきゅう整骨院は、仙台市宮城野区東仙台にございます。
ご利用の際は事前予約をお願いします。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ