仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


パーキンソン病・症候群のセルフケア

パーキンソン病パーキンソン症候群における自宅でできる簡単セルフケアについてお伝えします。
 
 
 
今回ご紹介するのは
 
  • 爪もみ療法
  • ホールド療法
 
 
の二つです。
 
 


※動画では『頭部全体』が抜けていました。すみませんdespair
 

パーキンソン病・症候群の考え方

 
パーキンソン病やパーキンソン症候群は、交感神経優位が続いたときに起きるものですcoldsweats02
 
 
交感神経優位な状態、つまり心や体の緊張状態が続くと、循環が悪くなり、脳のある部分や臓器への栄養や酸素の供給が少なくなります。
 
 
パーキンソン病や症候群の症状の一つに『震え(振戦)』がありますが、イメージ的にはが通わなくなった状態を、震わせて血を通うように循環を促す反射運動と思っていただけたらと思いますhappy01
 
 
ですので、セルフケアでは自律神経のバランスを整えることと、『循環』をポイントとして考えて行きます。
 
 
 

パーキンソン病・症候群における爪もみ療法

 
動画でもお伝えしていますが、薬指を抜かして爪もみ療法を行いましょう。
 
 
やり方は・・・
 
いち・にー・さん・パーhappy02
 
※いち・にー・さんでゆっくり爪もみ
※パーで放す
 
10回繰り返します。
 
 
指の順番(こだわらなくてもいいです)は、
 
  1. 親指
  2. 人差し指
  3. 中指
  4. 小指
  5. 小指
 
 
小指を2回書いたのは間違えではありません。
 
循環を司る反射が、小指と関係しているので、爪もみ療法では小指を多く行ってください。

薬指は飛ばしてくださいねsign01
 
これが1セットです。
 
 
 
1日に何セット行ってもかまいませんが、行いすぎるとズキンズキンと痛くなるので、まずは午前3セット、午後3セットくらいにしましょうgood
 
 
もちろん、時間がない時は1セットでも良いです。
 
 
大切なのは、継続することなので!
 
 
 

パーキンソン病・症候群におけるホールド療法

 
動画では頭部全体が抜けていますが、頭部も含めてください。
 
 
【ホールド療法】
手のひらを当てるような感じ患部に当てます。
 
前後や左右で包むことが出来る部分は包んでください。
たとえば頭部とか。
 
一生懸命に行う必要は全くありません。
触れて、手の熱をじわじわ感じるだけで大丈夫confident
 
一生懸命にやろうとすると、逆に緊張してしまって循環が悪くなりますから!
 
時間は1分30秒くらいでいいですpaperpaper
 
長くやったから効果が高いというものでもありません。
 
 
 
順番(こだわらなくてもいいです)
 
  • 肝臓・消化器系
  • 左右の腎臓
  • 頭部全体
 
 
頭部全体以外のやり方は動画で説明していますので、動画を参照してくださいslate
 
 
 
人によっては原因となっている臓器に触れることで、症状が緩和したり消失したりする人もいますが、それが治ったということではありません。
 
 
毎日継続するものです。
一つの健康法と思って実践していただけたらと思いますhappy01
 
 
 
 
生活の中には、自分ではコントロールできないと思い込んでいる部分があります。
 
たとえば病気や感情coldsweats02
 
 
 
同じ生活をしていても病気になる人とそうでない人がいます。
 
同じ出来事でも怒る人もいれば笑う人もいます。
 
 
 
その違いはその人が持っている性質もありますが、ある程度は自分自身で変えることが出来るようです。
 
 
どうせなら健康で幸せな方に変わりたいものですよねfuji
 
 
 
爪もみ療法もホールド療法も自分の体と向き合う一つのツールとなります。
 
 
 
「今」からの人生を良きものにするように、上手に活用していただけたらと思います。
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます☆☆☆
 
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ