仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


子宮筋腫の治療と施術について

子宮筋腫とは

 
子宮筋腫はその名の通り、子宮にできる筋肉の腫瘍のことです。
 
腫瘍と言ってもほとんどが良性で、それ自体が生命の危険性を高めるわけではありません。
 
子宮筋腫は閉経後には小さくなることもあります。
 
一つだけじゃなく複数個出来ることもあります。
 
 
 
子宮筋腫は出来る部分から名前で分類されています。
 
  • 粘膜下筋腫:子宮の内側にできる子宮筋腫
  • 筋層内筋腫:子宮の筋肉の中にできる子宮筋腫
  • 漿膜下筋腫:子宮の外側にできる子宮筋腫
 
 
 
このうち漿膜下筋腫は子宮の外側にできるので、大きくなるまで自覚的な症状はあまりありません。
 
 
しかし、粘膜下筋腫や筋層内筋腫は子宮の内部に負担をかけるので、不正出血や不妊症や早産の原因となります。
 
 
 

子宮筋腫の症状

 
よく見られる症状は月経量が多くなることや月経痛が強くなることです。
 
 
月経量があまりにも多い時は貧血の症状が出たりもします。
 
 
大きくなると膀胱を刺激するため頻尿の症状が出ることもありますし、出来る場所によっては腰痛の原因となります。
 
 
 

病院での子宮筋腫の治療法

 
様子を見るか手術をするか薬に頼るかの方法が提案されます。
 
 
手術では、子宮を取るか(子宮全摘)、筋腫の部分だけを取るか(筋腫核手術)があります。
 
 
どういう場合に部分摘出をするかというと、たとえば将来子供が欲しいとか、どうしても子宮を残したいとか、そういった希望のある方が筋腫核手術を行います。
 
 
ただし、一般的には子宮全摘が多いようです。それは手術の際の出血が多くなることがあるのと、子宮筋腫が複数個出来ることが多々あるからです。
 
 
 
薬によるものは、多くの場合はピル(経口避妊薬)が多いようです。
 
女性ホルモンを少なくすることで、筋腫があまり大きくならず、症状が楽になります。
 
 
また、薬で強制的に閉経状態にしてしまうものもありますが、永久に続くわけではないことと、強制的に閉経状態にするため、更年期のような症状が出てくるので、使うとしても手術前に使うだけのことが多いです。
 
 
 

子宮筋腫の原因

 
ほとんどの場合において子宮筋腫の原因に言及はしていませんが、東洋医学の観点からわかりやすく説明しますね。
 
 
これは逆に子宮筋腫の予防になります。
 
 
大切なポイントが2つあります。
 
 
  • 冷えると固まる
  • 悪いものは外に出すか確保する
 
 
 

冷えると固まる

 
モノは冷えると固まります。
 
分かりやすいもので言えば『水』です。
水は0℃以下になると固くなります。
 
体を構成しているものは、冷えると固くなります。
 
 
筋腫はかたいもの。
 
体温が低くなったり、局所的な低温は流れを悪くします。血流も悪くなります。
 
 
血液の流れは、身体では絶対的です。
この流れが悪くなるとさまざまな病気になります。
 
 
身体全体や部分的に流れが悪くなると、その部分、またはそれを補うために他の部分が硬くなります。
 
 
これが子宮で起これば、子宮筋腫となります。
 
 
 

悪いものは外に出すか確保する

 
体の中に悪いものがあると、血液が濁ったり、代謝が順調に回らなくなります。
 
そのため、体の中に悪いものがあると外に出すか、体の中に溜めます。
 
隔離するんですね。
 
 
たとえば、腸が汚れていて排便がうまくできない状態が続くと肌があれます。これは身体の毒素を皮膚を通して外に出そうとする働きによるためです。
 
 
外に出せなければ、溜めやすい部分に『汚れ』として溜めこみます。
 
そして健康になれば、少しずつその『汚れ』を外に出します。
少しずつですが、外に出すので、だんだんと溜まっているものが少なくなっていきます。
 
 
それがどんどん健康になっていくということです。
 
 
 
これが子宮筋腫ができる原因となります。
 
 
 

子宮筋腫に対する施術

 
上記の考えを踏まえて、当院では以下の点を考慮しながら施術していきます。
 
 
  • 身体を整える
  • 循環を整える
  • 内臓の軸を整える
 
 
身体を整えるというのは、ただマッサージするということではありません。
 
まずは骨格(とその歪み)を整えていきます。
 
骨格が歪んでいると筋肉が硬くなります。
表面だけではなく内面の筋肉も内臓も硬くなります
 
 
そうなると循環が悪くなります。
内臓の働きも悪くなります。
 
 
循環が悪いと、温かい血液が体を巡りにくくなるので身体の部分が冷えて血液が固まりやすくなります。
 
 
また、内臓の軸がズレていると、内臓に行く血管が細くなり循環が悪くなります。
 
そのため、内臓の軸に問題があればそれを整えた方が良いということになります。
 
 
 
身体は「生きていること」を続けようとします。
 
病気もそのために起きている現象だと考えてみると、病気を叩くという考えよりも、どうすれば健康な状態になるか、どのような状態が健康的か、と言うことを考えた方が、結果的に健康に向いていくと考えています。
 
 
 
ですので、手術を否定するとか薬を否定するとか、そういったことはいたしません。それは受ける人が選択する部分だから。
 
ただ、健康的なことや健康になろうということを何もせず、手術や薬に「だけ」向かうことは違うことだと思っています。
 
 
 
健康的な部分は土台となります。
 
土台をしっかりすると、その上に成り立つ身体や心は多少の傾きがあっても傾きが元に戻りやすくなります。
 
 
共に一緒に健康になっていきましょうね。
 
 
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ