仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


顎関節症・頭痛、姿勢を変えるだけで楽になる

  • 食べるときに顎が痛くて大変です
  • 急に顎が開かなくなりました
  • 顎を開けようとすると頭痛がします
  • 顎が痛いのと頭が痛いのが治まりません
  • 顎関節症といられたけど放っておきました
  • 顎関節症で病院に行ったけどマウスピース作っても良くなりませんでした
 
このような方が当院に来院されます。
 
 
 

実は私も顎が開かなかった

 
これ、私もなったことがあるのでわかります。
 
大学院生の時に、ある日急に顎が開かなくなりました。
その時は何をすればいいのか分からなく、今みたいにインターネットが普及してはいなかったので、調べようという考えも浮かびませんでした。
 
顎が開かないから固形物が口の中に入れられません。
スプーンがかろうじて入るくらいだったので、スープなどを食べて、数日間耐えていたら徐々に戻ってきました。
 
あれは大変でした。
 
今は自分で自分のバランスを整えたり、同じ施術ができる先生のところで治療してもらったりできるので、不安はありませんが。
 
 
 

マウスピースをすすめられるけど

 
病院・歯科(歯医者)に行くと、
「ではマウスピースを作ってみましょう」
と言われるケースが多いように感じますが、
それでも楽にならない方が来院されます。
 
それはどうしてだと思いますか?
 
そもそも、マウスピースって治療になっていますか?というお話になります。
 
 
 
顎の関節を顎関節と言いますが、
顎関節を動かす筋肉は結構多いことは知っていますか?
 
閉じようとする筋肉は大きく分けて4つ。
後は、顎の下からのどにかけての筋肉があって、それが開こうとする筋肉。
 
とっても多くの筋肉で顎って動いていることとなります。
 
 
 
さて、これをお読みになっている姿勢はどんな姿勢でしょうか。
今回は座っていることを仮定していますね。
 
座っている今の姿勢で、
顔を右に傾けてください。
それで右の奥歯を噛んでくださいね。
結構、力強く噛めますよね。
次に、左の奥歯を噛んでみましょうね。
右に比べると力が弱くなりますか?
 
顔を左に傾けても、同じようなことをやってみましょう。
 
 
 
どうでした?
頭の傾きで噛む力や噛み合わせが左右違ってくるのが体験できましたでしょうか?
 
 
 
もし、顔を右に傾けていて、病院・歯科医院に行ったとします。
「先生、顎や奥歯の噛み合わせが変なんです」と。
 
「じゃ、マウスピース作りましょうね」
・・・
って、変じゃないですか?
 
本当なら、
「○○さん、それは顔が傾いているからですよ、顎が悪いわけじゃなく、顔が傾くことで筋肉に入る力がバランスを崩しているからですよね。だから、顔が傾くような筋肉のアンバランスをまずは整えてくださいね」
となるべきですよね。
 
 
 

医学研究が細部に行くメリットとデメリット

 
でも、顎にしか注目しないんです。病院や歯科医院は。
なぜだと思いますか?
 
それは日本の医学が大きくとらえるのではなく小さくとらえる。細部を研究する必要があるの一辺倒となってしまい、人間を人間ととらえなくなってきたからです。
 
医学は学問なので、細部を突き詰めていくことは大切なのですが、医療という人間を扱うときには、全体で一つという考え方を持つ必要があると思っています。
 
もし、症状が出ているところに原因が無い場合、どうでしょう?
 
細部しか見ない考えでは、原因が無いのに、そこに原因があるという前提を作ってしまい、検査を進めていきます。
結果として、「異状なし」となったり、全然関係などうでもいいような「ちょっと変な部分」に着目してしまったりする。
 
 
 
木を見て森を見ず
 
 
 
となってしまいます。
理学研究をしていたので、細部を突き詰めていくことも大切だということは百も承知しています。
しかし、大きな部分がくるっているのであれば、そこを整えない限り、また細部に異常をきたすと思っていますので、やはり人の体は大きくとらえていくことが必要だと考えています。
 
 
 
話はそれてしまいましたので、戻しますが、顎関節症だけじゃなく頭痛についても同じことが言えます。
 
 

頭痛も同じこと

 
多くの頭痛は緊張性型頭痛に分類されます。
つまり、筋肉が緊張することで血管が圧迫された起こる頭痛と言うことになります。
 
 
 
筋肉が緊張するメカニズムの一つに、先ほどの顎の噛みあわせと同じようなものがあります。
 
つまり、姿勢やバランス(前後・左右・上下)が崩れていることで、筋肉の力の入り方がアンバランスとなってしまうのです。
 
アンバランスになると、筋肉は骨格を支えなければいけないので、支えようとして筋肉の緊張は固まってしまいます。
 
それが背中・肩・頭にかけての筋肉で起きれば、血管を圧迫して頭痛となってしまうのです。
 
 
 
薬を飲んでもまた頭が痛くなるというのは、薬では身体のバランスを整えることが出来ないからです。
 
 
 
こう考えてみますと、やはり、バランスを整えることがとても大切だということをわかってもらえると思います。
 
 
 

症状は身体からのサイン

 
身体に何か症状が出ているときは、その症状は身体からの「サイン」だと思ってください。
もう身体は症状を出すくらいの状態だと思ってくださいね。
 
 
 
人によっては、症状が出たり引っ込んだりしますが、私生活が変わっていなければ、そのアンバランス・歪はどこかに蓄積していきます。
 
最初は顎が痛いだけだったのが、今度は顎が開かなくなったり、頭痛になったり。
それが出なくなったと思ったら、背中が痛くなったり、腰が痛くなったり・・・
でも、原因は身体のバランスが崩れている事からつながっているかもしれません。
 
 
 
症状が出ているのであれば、早めに当院に連絡くださいね。
 
当院はどこに痛みや不調があっても、全身調整をさせて頂いています。
 
それは身体は全体で動いているからです。
全体を通して生きているからです。
だから、頭痛でも顎関節症でも全身の調整を行います。
 
 
 
多くの方が全身を調整すると、顎に手を触れなくても顎の状態が良くなったりします。
頭痛も楽になったり、改善したりします。
 
一度、体験してみて下さいね。

最後に

 
もう我慢はしないでください。
 
身体はいつも一生懸命働いています。
知らず知らずに一生懸命動いています。
 
その一生懸命が身体に溜まってしまって、
「身体が大変な部分がありますよ」
ということをサインとして出している状態です。
 
 
 
放っておけば、どんどん大変になっていきます。
症状なら出たり引っ込んだりしますが、
出るときはドンドン大きくなってきます。
 
速い段階で身体全体を改善してくださいね。
ソフトな刺激で身体は整っていきます。
今から良い方向にむかうと、これからの5年後、10年後はもっと楽で強い身体を作ることが出来るようになります。
 
 
 
是非、一緒に良い方向に歩めたらと思います。
 
今すぐ、ご予約の連絡くださいね。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ