仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


脊柱管狭窄症と診断されたけど、その治療で良いの?

立っていると腰が重だるくなり、右の太ももの後ろも辛くなるので、大きな整形外科に行きました。
 
そしたら、脊柱管狭窄症と言われて手術をすすめられましたが嫌で、痛みどめの薬と整腸剤と湿布を渡されました。
 
何度言っても同じなので、鍼灸やマッサージに車に乗せてもらい通ったけど、遠くて行くのが大変で、看板を見て来ました。
 
 
という方が来院されました。
 
仙台市宮城野区の石川はりきゅう整骨院です。
 
 
話を聞いているといつも思うことがあります。
 
病院では脊柱管狭窄症と診断をするのは簡単です。
写真でそう「見えれば」脊柱管狭窄症と言うことができるからです。
 
痛みや苦しさの原因となっている・なっていないに関わらず、脊髄の通っている管である脊柱管が狭く見えれば、「脊柱管狭窄症」と名前を付けるだけです。
 
腰のあたりを調べて、他の要因が見当たらない「わからない」となれば、脊柱管狭窄症とするんです。
 
そこで、病院によっては手術を好むところもあるので、手術をすすめたりします。
 
でも、この方は、もう年なのでと言うことで手術は控えたいと訴えて、手術は回避しました。
 
その後の病院の対応にいつも思うことがあるんです。
 
 
どうしてシップや痛み止めなの?
 
と。
 
 
脊柱管狭窄症が腰の苦しさや脚の苦しさの原因かどうかはおいといても、脊柱管狭窄症になる身体のあり方をきちんと調整しなくてはいけないですよね。
 
脊柱管狭窄症という「脊柱が狭くなっている症状」と言うのは、身体のどこかに問題や歪みがあるよって教えてくれてくれるサインですよね。
 
では、それを改善しようとするのが本当の医療じゃないかな
 
と。
 
 
現に、今回来院された方も、骨盤と首を調整しただけで、身体が楽になったって驚かれていました。
 
施術は非常にシンプルです。
 
どんな手技が適していますか?
どこに歪みがありますか?
他にどんな問題がありますか?
 
そんなことを身体や潜在意識に聴きながら、出てきたことを行うだけです。
 
無理なことや湿布を貼ったりと言うことはしません。
電気なども行いません。
 
ただ、整えてあげる。
 
 
腕に傷ができたとします。
傷は治りやすい状態にしておくと、勝手に治ります。
自分自身で治ります。
 
傷口を開いていたら、治りにくいけど、
治りやすい環境に維持することで治ってくれます。
 
 
湿布を貼ることや電気を流すことは、
傷口を治りやすい環境しているでしょうか?
 
傷口が開いているときに、湿布や電気を流して良くなりますか?
まずは、傷口をふさいだり、近づけたりすることが大切ですよね。
 
 
身体全体についても同じことですよね。
 
身体を良い状態にする、つまり歪みや循環を良くする。
後はそれを維持する。
 
まずは、このことがとっても大切。
 
これをするだけでも、身体が良い方向むかいます。
 
 
もちろん、常日頃、偏った姿勢や生活や心で、それを変えなかったら、身体も歪みやすいですが、それも少しずつ変えていけばいい。
 
 
そうやって、今できることをやってみましょう。
 
まずはそれ。
と言うか、最低限してほしいことがそれ。
 
 
今、何かで苦しんでいるのでしたら、どうぞ身も心も整えてみようとしてみて下さいね。
 
きっと良い事がたくさん起きてくると思います。
 
 
今日もありがとうございます☆☆☆
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ