仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


自律神経失調症(心)と東洋医学(針灸的)考え方

仙台市宮城野区の石川はりきゅう整骨院です。
 
今回は、自律神経失調症(心)と東洋医学的な考え方についてお伝えします。
 
東洋医学の中に五行という考え方があります。
 
万物は陰と陽の二つに分けることができる。
その陰陽をより生命や生活に関係するように5つに分けたもの、それが五行の考え方です。
 
 
 
東洋医学で良く知られるのが経絡という気の流れ(気の道)ですが、陰陽の陰について肝経・心経・脾経・肺経・腎経という5つのカテゴリーに分類されます。
 
それぞれとつながりが深い心の状態は
 
  • 肝経:イライラ(怒)
  • 心経:笑い過ぎ(喜)
  • 脾経:心配(思)
  • 肺経:悲しみ(憂悲)
  • 腎経:怖い(驚恐)
 
となります。
 
 
 
たとえば、イメージしやすいのが、肝経とイライラですね。
 
肝経はもちろん肝臓との関わりが強いです。
お酒を飲んでばかりいる人がイライラしている、逆にイライラしやすいからお酒を飲んで、肝臓をさらに傷つけてイライラしやすくなる。という流れです。
 
 
 
肝臓の症状は右半身に出やすいというように、それぞれの経絡と身体との関係も大いにあります。
 
 
 
ということは、自律神経失調症症状東洋医学的にも説明できることになります。
 
つまり、心と身体の症状がリンクしているということです。
 
 
 
東洋医学的な考え方を治療に取り入れれば、
それは鍼灸でなくても治療に使うことができます。
 
※鍼灸するところがすべて東洋医学的な治療を行うかといわれると、違うところも多いです。単に神経学的な鍼灸を行うところもあるので。
 
 
 
内臓の位置の異常があれば、内臓調整法。
経絡の流れが悪ければ気の流れを整えてあげたり、エネルギーの流れを整えてあげることをすればいいだけです。
 
大切なのは、東洋医学的な考え方をきちんと持っているかどうかという点だけです。
 
 
 
自律神経失調症の方は身体も心もバランスが崩れやすい状態にあります。
 
イライラする人や心配ごとばかりする人は、それだけが問題ではありません。
 
たとえば、悲しみ過ぎる人はイライラしやすい、イライラしやすい人は心配事がその背景に隠れているという部分があります。
 
それぞれが関係しながら身体や心に影響するんですね。
 
 
 
もしあなたが自律神経失調症で困っていましたら、気軽に当院に連絡くださいね。
 
親身にサポートさせていただきます。
良くなるお手伝いができればと思います。
 
いつもいつまでも、お元気でいられますように☆

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ