仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


自律神経失調症回復のためにできること

自律神経失調症回復のために自分で出来ることの紹介をしますね。
 
 
その前に、ちょっとおさらいです。
 
自律神経は大きく分けて、交感神経と副交感神経に分かれます。
 
自律神経失調症の多くは、交感神経を使いすぎている状態が続くことで起きます。
 
交感神経を使いすぎているというのは、いろいろなストレスに立ち向かっている状態が多く、リラックスしたりゆっくり休まる時間が取れていないということになります。
 
ここで言うストレスというのは身体的なストレスも心のストレスも含まりますよ。
 
 
 
たとば、忙しかったり、過度の運動、運動不足と言ったストレスから、人間関係や心配事と言った心のストレスまでです。
 
 
 
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切で、これが崩れることで自律神経失調症となります。
 
現代社会においては、副交感神経を優位に働かせるような、リラックスしたりする時間が持てない、またはそういった状況を作れないとなっているため、交感神経ばかりが働きすぎで、肩こりや頭痛、手足のしびれや内臓症状、パニック障害や鬱傾向などがみられるようになります。
 
 
 
ちょとおさらいはここまでです。
 
ということは、自律神経失調症から回復を目指す時は、交感神経ばかり使っている状況を改善する必要があるとなりますね。
 
つまりは、副交感神経を使う(優位に働かせる)状況を作ってあげるとなります。
 
 
 
そこで、今回は、簡単にしかも確実に副交感神経を刺激する方法を一つお伝えしますね。
 
 
 
では、ものすごく単純なことをお伝えします。
 
 
 
笑う
 
 
 
はい、これだけです。
 
 
 
面白いことが無くても構いません。
ありふれた日常でも構いません。
面白くなくても構いません。
 
 
 
でも・・・
 
 
 
笑う
 
 
 
多くの人は、面白いから笑うと思っています。
でも、それは間違いです。
面白いときは笑うのはいいんですが、
 
笑うという行為は、
自分が笑おうとすればいつでもできるんです。
 
 
 
では、なぜ笑うといいかを説明させてくださいね。
 
 
 
笑うときは、顔面が動きます。
顔面を動かす神経は顔面神経と言う神経です。
 
顔面神経は脳から出ている神経です。
 
実は、顔面神経には副交感神経の働きもあるのです。
つまり、顔面の筋肉を動かすと、
それだけで副交感神経を働かせることになります。
 
面白くなくても、
顔面を動かすというのがポイントです。
 
 
 
ここで、もう少し深くお話しますね。
 
「笑顔を作る」
 
ことについてお話しますね。
 
 
 
面白いから笑うのではなく、
笑うから面白いのだ
 
 
 
という言葉があります。
 
実は、私たちが生きている中で、
面白いと感じると笑うという習性ができてきます。
 
そうなると、脳は「面白い=笑う」と関連付けされます。
 
そうなると、「面白い⇒笑う」だけではなく、
「笑う⇒面白い」となります。
 
面白い、楽しんでいると脳が判断すると、脳はリラックス状態となります。
そうなると副交感神経が働きだします。
 
 
 
また他の現象としては、
 
赤ちゃんが笑うと、周りが笑いますよね。
周りが笑うと、自分も楽しくなります。
 
そう、自分が「与える」と「与えられる」ものがあります。
 
 
 
自律神経失調症になるくらい、
あなたは頑張ってきたし、
頑張ってに生きてきました。
 
 
 
でも、頑張るって何を頑張るのかわからないって思ったことはありませんか?
 
頑張るよりも、楽しんだり幸せな方が良いですもんね(^^)
 
では、楽しんでいる、幸せでいる自分を演出して周りに与えてみて下さい。
 
周りのことを考える必要はありません。
相手がどのように思うか考える必要はありません。
 
あなたが幸せで楽しんでいることを
周りに与えてみて下さい。
 
与えるだけです。
 
そしたら、いろいろなものが返ってきますよ(^^)
 
 
 
あなたが心から幸せで楽しんで
人生を歩むことを心から祈っております。
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ