仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


肩こり・頭痛・めまいと筋肉

それぞれ別の原因だと思いますか?
 
頭痛持ちに非常に多いのは肩こりです。
 
頭痛で来院される方は多くいらっしゃいますが、肩こりから頭痛に来ると訴える方がたくさんいます。
 
では、どのような関係があるのでしょうか?
そして、それはめまいにも関係してくる内容となります。
 
 
 

肩こりと筋肉

 
肩こりとして多く見られる筋肉は僧帽筋です。
僧帽筋が硬くなることで、それが肩こりという自覚症状になっている場合が多くあります。
 
その他に、肩甲骨を動かす肩甲挙筋や菱形筋なども、「凝っている」と自覚されることもあります。
 
また、首の横に張っている胸鎖乳突筋や前・中・後斜角筋も「コリ」として自覚されることが多いです。
 
 
 
一般的に肩こりとして認識される筋肉は多くありますね。
 
あ、ちなみに肩こりという傷病名は無いため、病院に行くと「頸肩腕症候群」や「胸郭出口症候群」などのように呼ばれることがあります。
 
「症候群」というのは、実はそういう症状がありますね、と言うだけの名前です。
 
だから、病院でその名前がついたときは原因がはっきりわかりませんと言うイメージです。

20160815_背中の筋肉.jpg
 
 
話を戻しますが、
肩こりとして扱われる筋肉は結構ありますね。
 
では、どうしてその筋肉が緊張するのでしょうか?
 
 
 
それは・・・
 
引っ張られているから
 
です。
 
 
 
もちろん、筋肉は使いすぎても硬くなります。
 
でも、肩の筋肉をせっせといつも過剰に動かして使っている人は見ないですよね。
 
ただ、赤ちゃんを抱っこしたり、重たい荷物を一定以上持っているときでも疲れます。
 
もし使いすぎて硬くなっている場合は、休めば楽になります。
これは、筋肉に行く血流が休めば確保されるからです。
 
それなのに、慢性肩こりや慢性頭痛・めまいの方は、寝ても良くならない。それはなぜでしょうか?
 
 
 
筋肉が引っ張られているから
 
です。
 
 
 
筋肉が怖い事って何でしょう?
それは切れる事!
引っ張られての断裂が怖いんです。
 
そのため、筋肉は引っ張られると、縮もうという力を入れます。
縮もうというのは、緊張するということです。
緊張するということは硬くなっているということ。
 
そう、引っ張られているから硬くなっているんです。
 
 
 
これは緊張性頭痛なども同じです。
そして、実はめまいの原因も同じようなものがあります。
 
 
 
たとえば、首の骨から肩甲骨に着いている筋肉があるとします。
肩甲骨を上げる肩甲挙筋や大・小菱形筋などがそれに当たります。
 
首が歪んでいたらどうでしょう?
 
右に歪んでいれば、左の筋肉が引っ張られる形になります。
そう、左側の筋肉がそれに対抗して緊張しやすいんです。
でも、実はその引っ張りは右の筋肉が緊張することで起きていることが大抵ですが。
 
左側の筋肉は、緊張に反応できないと、それが普通な状態となって弛緩した状態になってしまいます。
 
そうなると、右が緊張・左が弛緩の状態がキープされ、歪みが補正できなくなります。
 
何かの拍子にもっと頚椎が右に歪んでしまうと、今度は左の筋肉が呼応するように緊張してしまうようになります。
 
そうなると、両方の筋肉が緊張状態となって、つらさが増幅します。
 
 
 
この場合、右の緊張を取ってあげつつ頚椎の歪みを整える。
そして、他の部分の歪み(これが重要)もきちんと整えてあげる。
 
結局は、身体全体を整えてあげて初めて、筋肉が楽になるんです。
 
そして、身体全体が整っているので、頭痛も楽になる。
身体が整えば、水分代謝も循環系も良い状態になるので、めまいも軽減される。
そのような流れになります。
 
全てがバランスで成り立っています。
一か所ではなく、全部のバランスが大切。
 
 
 

頭痛と筋肉

 
頭痛がでる原因の一つとして、頭蓋の筋肉の緊張があります。
 
これは血管が圧迫されることで痛み成分が血液中に出てきて痛みを認識するというものです。
 
痛み成分は細くなった血管を太くしようとする物質なので、悪い物質ではありませんが、「痛み」はできれば出ないでほしいですよね。
 
この時の頭蓋の筋肉の緊張も、またバランスを崩すことで出てくる緊張の一つです。
 
 
 
頭痛の原因として、頭蓋内部(硬膜下出血など)もあるので、ひどいときは絶対に医療機関を一度受診してくださいね。
 
そして、MRIなどで検査しても原因がわからないというときは、筋肉系や歪みからくる頭痛の可能性が高いので当院にお越しください。

20180822_頭の筋肉.jpg
 
 
 
バランスを崩す一つの例ですが、
顔を右に傾けて奥歯を噛んでみて下さい。
次に左に傾けて奥歯を噛んでみて下さい。
 
首を左右に傾けた時、左右の奥歯の力加減が違くなることは実感できましたか?
 
力加減が異なるということは、筋肉の緊張力が違くなるということです。
 
これは顎だけに現れるのではなく、全身も同じこと。
つまり、バランスを崩すことで頭蓋の筋肉もアンバランスに緊張してしまうということになります。
 
ですので、ここでもバランスが大切。
 
そしてまた、頭にくっつく筋肉は何も100%が首から来ているだけではありません。
長いものだと、骨盤から頭まで伸びているものもあります。
 
 
ということは、骨盤が歪めば、頭の筋肉が引っ張られて緊張するということになります。
 
もちろん、肩甲骨から頭にかけての筋肉もありますし、骨盤から肩甲骨にかけての筋肉もあるので、結局は、身体のどこかの歪が他の場所に影響を及ぼすということになります。
 
 
 

めまいの原因

 
めまいの原因はさまざまなものがありますが、今回は身体の歪みに関係するものをピックアップします。
 
 
 
椎骨脳底動脈循環不全症』というめまいの原因があります。
 
椎骨動脈は頚椎(首の骨)にある穴を通って首を昇って行く動脈です。
 
これは左右の2本あり、それが脳の下の部分で1本に合わさり、脳底動脈となります。脳を栄養する動脈の内、首の後ろ側からくる動脈です。
 
の椎骨脳底動脈が血行障害を起こしてしまうと、脳に十分な血液が到達しなくなってめまいが起きます。
 
 
頚椎が歪んいでいると、椎骨動脈が圧迫される形になるため、循環が悪くなることが考えられます。
これが原因の一つに考えられます。
 
 
その他に、やはり肩こりやどもめまいの原因になります。
これは、筋肉が緊張するため循環が悪くなるためです。
 
そして、その他にも自律神経失調症なども原因になります。
 
 
 
また、筋肉が緊張したり、内臓の酷使により、血管の末端である毛細血管の流れが悪くなると、その手前の細動脈という血管がより細くなって血圧を上げるような仕組みがあります。
 
そのため、高血圧、また貧血などもめまいの原因となります。
 
 
 
やはり、身体を整えることは最低条件となってきます。
 
 
 

まとめ

 
今回の記事は、肩こりと頭痛、そしてめまいについて書かせていただきました。
 
どれもが併発度の高い症状で、併発しやすいということは、原因に共通の部分があるということとなります。
 
今回は、身体のバランスという点を重点的に書かせていただきました。
 
身体のバランスが崩れると、筋肉の緊張が発生します。
この筋肉の緊張は一般的な腕や体幹の筋肉(骨格筋)だけではなく内臓などの平滑筋(自分でコントロールできない筋肉)も関係してきます。
 
また、そのバランスを取るために、他の筋肉だけじゃなく神経も過敏に働いたり、循環が悪くなったりします。
 
循環が悪い状態が続けば、脳はホルモンを分泌して循環を良くしようとするので、実は下垂体前葉・後葉などのホルモン系にも負担がかかります。
 
循環系に影響すれば、めまいが発生するようになります。
 
もちろん、めまいの原因はいろいろなものがありますが、循環も一つになりますから。
 
 
 
この様に、肩こりや頭痛、めまいの原因には共通の部分が出てきます。
 
この場合は、それぞれを別に扱っていても何も解決しません。
 
ましてや、それぞれに「効くであろう」(効いてほしい)薬で対応しても、根本的なところにアプローチしなければ、何も解決策にはなりません。
 
 
 
だから、身体をきちんと整えるようにしてください。
 
仙台であれば、当院に来ていただけると、身体の歪みをきちんとお伝えいたしますが、他県などの場合は、きちんと診てくれる治療院を探してくださいね。
 
この場合、電気治療とか、全身揉みほぐしなどは意味がないので気を付けてください。
リラクゼーションではなく、治療を、身体全体を整えてくれるところを探してくださいね。
 
 
 
症状は我慢していると、どんどん強くなるケースがあります。
我慢せずに、出来る限り早く行動していただけたらと思います。
 
 
 
もし、あなたが、慢性的な肩こりや肩の痛み、頭痛(片頭痛や群発性頭痛を含む)、めまいで悩んでいるとしたら、その症状が少しでも楽になったり、なくなったりしたら、どのくらいうれしいでしょうか?
 
そして、1年後、3年後、5年後の生活は、どんなに違うことでしょうか?
 
 
 
もう我慢せず、無理もしないで、身体を良くしてあげてくださいね。
 
ご自愛ください。
 
 
 
 
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ