仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


踵(かかと)の歩行時痛の回復と施術について

歩くときにかかと)を地面(床)に着くと痛いという患者さんが来院しました。
 
当院では、どんな方にでも全身調整を行います。
もちろん、ボキバキなども強揉みなども行いませんが、適切なポイントに適切な刺激で全身を調整しています。
 
 
 
を痛い患者さんにも、いつもと同じように全身の歪みの検査、その検査から出てきた身体の歪みに対して施術。
 
右の踵が痛いとのことでしたがメジャーは左の骨盤から首。
うつ伏せで身体の中心である骨盤と頭を支えている首を調整させて頂きました。
 
仰向けになった状態でも骨盤を整えることを重点。
 
 
 
身体のコアな部分を調整した後に、今度は下肢全体の歪みを検査しました。
 
検査をすると、右の腓骨(膝下の外にある骨)の位置異常があることがわかりましたので、そこを調整。
 
そこで歩いていただきました。
 
 
 
来たときよりは、痛みが減っているとのことですが、検査ではもう少し痛みが取れるとのことだったので、座った状態で骨盤から首、そして下肢について調整させて頂きました。
 
 
 
その結果、痛みが無く歩くことができるようになりました。
 
 
 
ちょっとした考察を述べたいと思います。
 
 
 
歩くときに踵(かかと)を着いたときに痛みが出るという方は結構います。
 
この場合、なぜ踵が痛くなるのかを考えてみると、床について体重がかかった時に痛くなることから、体重の負荷がそこに大きく加わることで痛みが出るということはたやすく考えられます。
 
では、なぜ負荷がかかりやすい状態になっているのでしょうか。
 
 
 
それは骨盤の歪みや頚椎(首の骨)の歪みがあると、重心のバランスが崩れてしまいます
 
踵だけの問題ではありません。
 
重心バランスが崩れていることで、踵に負担がかかった状態で歩いたり動いたりするようになります。
 
最初に踵に問題が無い場合は、「痛み」や「不調」と言った症状(サイン)はでません。
 
それでも、歩いたりしていると、どんどん負担が蓄積されてきます。
 
ある一定状に達した時に、「痛み」や「不調」のサインが出るようになってしまうと考えることができます。
 
 
 
そのため、踵や踵周辺だけを治療することはナンセンスだということがわかります。
 
もちろん、踵に負担がかかっていることから、踵だけを治療しても痛みなどのサインは軽減することは考えられますが、根本的な原因は骨盤などの重心バランスにあるので、そちらにアプローチするのが必要不可欠となります。
 
 
 
今回の患者さんも、骨盤の歪みが大きくありましたので、痛みとしては踵だけの自覚症状でしたが、押して痛みが出る(圧痛)ポイントは腰部にも肩にもありました。
 
 
 
全身が整えば、身体の「治ろう」とする力が発揮されやすくなります。
 
身体は元々「治ろう」とする力を持っています。
少しの歪みができても、それでも症状が出ないように治ろうとする力が働いています。
 
症状が出ている時点で、かなりの歪みや負担がかかていると予想されます。
 
 
 
ですので、何かしらの症状が出ている時点で、早めに連絡をいただけたらと思います。
 
 
 
身体にとっては、我慢すればするほど、負担が取れにくくなってしまいます。
 
ですので、我慢しないで早めのケアが、ゆくゆくの人生が幸せで過ごせるようになります。
 
どうぞ、身体も心も楽になってくださいね。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ