仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


首痛い・頭痛の原因と治療はここが大切

首の痛みや頭痛の原因、本当はわかっていないかもしれません。
 
首や頭痛の原因が、そこにないとしたらどうしますか?
 
 
 
首が痛くて来院される方で、頭痛を併発している方が多くいます。
両方とも関係が深いことを意味していますよね。
 
だから、首には湿布で頭痛には頭痛薬と言った、別々の考え方や、それぞれに対しての対処法をしていても、根本のところは良くならないことがイメージできますね。
 
仕事などで今だけ症状を押さえないとと言うときは、仕方ないときもあるかもしれませんが、お身体を整えることを大切にしてくださいね。
 
 
 
今回は、首の痛みと頭痛の種についてお伝えします。
 
頭痛には片頭痛・緊張性頭痛・群発(性)頭痛などがありますが、その他に頭蓋骨内の問題としての頭痛もありますので、どうしても続くような頭痛だったり、頭を殴られたような痛みの頭痛の時は、まずは早めに医療機関を受診してくださいね。
 
そして、原因がわからないとか、何も問題が無いという場合は、当院に来院してください。
 
全力で良くなるサポートさせていただきますね。
 
 
 
では、首に痛みが出る原因についてお話します。
 
 
首に痛みがでる原因としては
 
  • 急激な力が首に加わる
  • 頚椎が歪んでいる
  • 胸椎が歪んでいる
  • お腹が冷えている
  • 骨盤が歪んでいる
  • 同じ筋肉の疲労
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎脊柱管狭窄症
  • その他
 
 
 

急激な力が首に加わる

 
イメージ的にはむち打ちのようなものです。

20160815_むちうち.jpg
筋にが一番嫌がるのは、急に伸ばされるという行為です。
最悪の場合、筋断裂になるため、急激な力がかかると伸ばされたと感じたらすぐに縮むように緊張をします。
 
この時に筋肉自体が痛んだり、首の骨(頚椎)と背中の骨(胸椎)などを結んでいるときは、背中側の骨を急に引っ張りそちらに歪みが出て、結果的に首の痛みが取れないということもあります。

だから、むち打ちなどの時に強揉みや強刺激(強揉みなど)は逆効果なので気を付けてくださいね
 
 
 
筋肉に急激な力が加わった時は、筋肉だけじゃなく構造の問題にも波及してしまうので、湿布などでは対応できないことが多々あります。
 
 
 
太ももの筋肉などは、くっついている骨がシンプルだったりするので、筋肉のケアだけで改善する場合がありますが、首の筋肉はたくさんの骨とくっつかっているので、単純ではありません。
 
だから、交通事故などでむち打ちになった時に、湿布が何の役にも立たないと言うことになります。
 
 
 
急激に負担がかかった首の筋肉や骨の構造も非常に大切ですが、その他の全身的な歪みを診ていく方が治りが早いです。
 
 
 
また、首の筋肉は頭蓋骨にもくっついています。
そのため、頭蓋骨を強く引っ張ったり、頭などに負担をかけやすくなります。
そして、頭への血管は首を通って上下に流れていますので、首の筋肉が緊張してしまうと、血管の通り道に負担がかかります。
 
そのため、発痛物質が出てしまい、頭痛の種になります。
 
これは頭痛薬を飲んでもそんなに聞かない状態ですので、気を付けてくださいね。
 
 
 

頚椎が歪んでいる

 
交通事故やスポーツなどで急激な力がかからなかったとしても、頚椎が歪むことは多々あります。
 
たとえば、日常的に頬杖をつく、うつ伏せに寝る、横になりながら携帯や本を見るなどをしていると、頚椎に負担がかかるようになってしまいます。
 
 
 
頚椎が歪んでいると、先ほどもお話しました通り、筋肉が引っ張られるため、首の痛みに波及してしまいます。
 
そして、首に負担がかかれば、それは間接的に頭痛の種になりますので、ここでも頭痛が起きてもおかしくありません。
 
 
 
首の骨である頚椎は、4~5kgと結構重たい頭を常に支えている状態です。
 
もちろん、頚椎である骨だけでは支えることができませんので、周りの筋肉がバランスを取りながら緊張して支えていることとなります。
 
イメージ的には鉄塔を周りのロープで支えている状態です。
(下の写真は、近くにあるラジオ鉄塔)
20160815_頚椎と筋肉の張力関係.jpg
 
ロープ一つ一つが筋肉を意味しています。
 
 
 
頚椎に歪みがある場合、周りを支えている筋肉も歪みを補正しながら緊張状態を変えて支えることになります。
 
つまり、それだけ筋肉に負担がかかってしまいます。
 
また、頚椎に歪みがあると、頚椎の中にある輪っかを後頸動脈が流れているので、その動脈を圧迫する形(強くはありませんが)になります。つまり、循環が悪くなってしまいます。
 
 
 
カイロプラクティックの中には、一番上の頚椎のみを整える手技があります。
 
それは、頚椎を整えると、身体全体のめぐりが良くなり、自己治癒力が発揮されやすいと言った理論に基づくものです。
 
そのくらい、頚椎と言うのは大切な所になります。
 
 
 
患者さんの中には、5年くらい頭痛に悩んでいた方が、首を整えたらその場で頭痛が無くなり、それから出ていないという方がいます。
 
もちろん、個人差がありますので、みんながみんなそのような状態ではないですが、首は本当に頭痛と関係する部分だと日々の臨床で実感するところです。
 
 
 
首の歪みは、ソフトに丁寧に整えることが大切ですが、実は首に触れなくても他のところが原因になって歪んでいる場合もありますので、きちんと全身を診ていくことが大切ですね。
 
 
 

胸椎が歪んでいる

 
胸椎の歪み頚椎の歪みにつながります。
背骨と背骨を結んでいる筋肉はかなり多くあります。
しかも小さい筋肉で一生懸命支えている状態です。
 
ですので、胸椎側が歪めば、間接的に頚椎を引っ張る形となり、頚椎が歪められます。
 
だから、胸椎にアプローチすることも大切なこととなります。
 
また、胸椎は肋骨とも関係が深いので、肋骨の歪みにも影響します。
 
肋骨が動きが悪くなると、呼吸もしにくくなるので、自律神経系にも負担がかかりやすくなります。
 
胸椎って動きが頚椎や腰椎よりも少ないですが、とっても大切な場所なんですよね。
 
心臓も肺も肝臓なども、大切な臓器は肋骨で守られていますから。
 
だから、ここを見ることも、首の痛みや頭痛に対しては必要なことですね。

20160815_背中の筋肉.jpg
 
 

お腹が冷えている

 
内臓も筋肉の一種です。
 
内臓の動きは、自分の意志ではコントロールできない平滑筋という筋肉で動いていますが、人間に限らず動物はみな、内臓が大切だということを本能で知っています。
 
だから、いざと言うときは、内臓を守るために、丸まった姿勢を取りますよね。
 
内臓はそのくらい大切な器官です。
 
その内臓が冷えてしまうと、周りの筋肉が硬くなってしまいます。
これは、内臓を筋肉で守ろうとする働きになります。
 
 
 
結構多いのが、気温が下がる前の日に、冷たいものを食べすぎた方が、気温が下がった日にぎっくり腰や寝違えを起こすパターンです。
 
この場合は、根本が内臓の冷えなので、内臓の循環を良くする手技が必要です。
 
内臓を守っている周りを丁寧に整えて、内臓の位置などにもアプローチすると、思った以上に背中から首が緩むことが確認できると思います。
 
 
 
もし、冷たいものを摂った次の日に、首が痛くなったり頭痛になるというパターンがあるのなら、冷たいものを控えるようにしてくださいね。
 
そして、それにプラスして身体を整えて、強い身体を作るようにしていけば、もっと痛みが出にくい身体へとなっていきますよ。
 
 
 

骨盤が歪んでいる

 
これは当院でも最も重要視する部分ですが、長い筋肉だと骨盤から後頭部(頭蓋骨)までに伸びている筋肉があります。
 
また、骨盤から肩甲骨や胸椎、頚椎まで伸びている筋肉も多数あります。

20160816_骨盤.jpg
 
そのため、骨盤が歪むと、身体のあらゆるところに負担がかかります。
 
それが結果として首の痛みや頭痛の原因になる事もあります。
 
もちろん、この場合は、首(頚椎)や頭だけを診ても解決されませんよね。だから全身を診ることが大切だと私は思います。
 
現に、骨盤だけを整えるだけでも首の痛みが楽になったり可動性が高くなったりと、さまざまな効果が見れます。
 
骨盤は身体の中心に位置します。
ボキバキする必要はありませんが、適切に整えることは大切だと思っています。
 
 
 

同じ筋肉の疲労

20160816_筋疲労.jpg
これは単純に筋疲労から来るものです。
 
たとえば、仕事上の作業で身体を横にしていなくてはならないとか。
 
イメージ的には、机の下や縁の下での作業などは、身体を不自然な大切で維持しながらの作業となります。
 
この時、首を曲げて維持している状態であれば、4~5kgある頭を常に同じ筋肉で支えている状態になります。
 
そのため、使い過ぎという状態になって痛みが出てきます。
 
 
 
この場合は、2~3日すると痛みが引くのが一般的です。
炎症が起きていなければ、湿布をする必要はありません。
ただ、無理な負担をしないように気を付けてくださいね。
 
 
 
一言付け加えるとすれば、身体全体を整えることで、姿勢の維持がしやすくなりますので、もし姿勢的に身体に負担をかけるようなお仕事であれば、メンテナンスという形で当院に来ていただければと思います
 
筋疲労も溜まってしまうと、何かの拍子で筋肉が急激に痛む場合があります。
 
ぎっくり腰をやったことのある方だと、それをイメージしてもらえればと思います。
 
それが首で出たら、かなり厄介ですよね。
 
いつでも良い状態にキープしたり、少し偏ったり疲れた状態が続けば、それを適度に解放して良い位置に治してあげるメンテナンスをしている方が、身体は長持ちしますので、気軽に「メンテナンスをしたいので」と言っていただけたらと思います。
 
 
 

頚椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

 
整形外科などで写真を撮ると、ヘルニアがみられたり狭窄症がみられたりします。

20160815_頚椎ヘルニア.jpg
 
だけど、それが直接的に症状の原因になっているかは違います。
 
実際に、ヘルニアや脊柱管狭窄症だと言われても、身体を整えてあげると症状が楽になったりします
 
そして、今の医療の現場でも、最新の考えを取り入れているところは、椎間板ヘルニアであっても保存療法を選ぶというケースも増えています。
 
それは、原因がヘルニアによるか分からないというところと、ヘルニア自体が白血球によって食べられるということがわかってきているからです。
 
 
 
ですので、まずは身体を整えることを行ってください。
ただマッサージをするとかではありません。
電気をかけるというのも意味がありません。
そして、強刺激などもボキバキなども必要ありません。
 
身体の構造をきちんと変化させるということが大切です。
それも、症状が出ているのであれば、早急にやった方が良いと考えます。
 
症状は身体からのサインなので、症状が出ているのであれば、お早目に当院にご連絡くださいね。
 
 
 

その他

 
その他は、病気などに関係するものです。
頭痛は脳梗塞やくも膜下出血などでも痛みが出てきたり、眼圧亢進症などでも痛みが出てきます。
 
首に関しても、可能性が非常に低いですが腫瘍などの可能性もある場合があります。
 
ですので、痛みが強い、特に夜間痛がひどく、我慢できない時がある、または触って熱い感じ(炎症)がするのであれば、病院に行って今の状態を確認してくださいね。
 
そこで、何もなければ(原因がわからなければ)、その時は当院をご予約ください。
 
 
 
病院の検査は、今の状態がどのようなものかを知る良い機会になります。
 
何もないというのが、心の安心にもつながります。
 
病院(現代医学)は衛生や感染症にはパワーを発揮しますが、慢性病には弱い部分があります。
対処法のため、根本治療にならないからです。
 
症状を一時的に抑え込むことも必要な時があるかもしれませんが、根本的な身体を整えるということは絶対に必要となります。
 
 
どうぞ、我慢は終わりにして、お気軽に当院に連絡くださいね。
 
 
 
 
当院では、その人にあったソフトな全身調整を行っています。
 
あなた様が首の痛みや頭痛でお悩みなら、力になれると思いますので、お気軽にご相談ください。
 
身体の悩みは、早いうちの方が良くなりやすいです。
我慢していると、それだけ身体に負担が蓄積されてきますので、もう我慢は終わりにしてくださいね
 
首の痛みや頭痛が楽になったら、何かしたいことはありますか?
 
あなたのお身体が良くなるように、全力でサポートさせていただきます。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ