仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


パーキンソン病・症候群の薬物療法の参考に

こんにちは(^^)
 
今回もパーキンソン病・パーキンソン症候群についてお伝えしていきますね。
 
今回は、パーキンソン病の薬物療法にはどのようなものがあるのかについてです。
 
病院では薬の説明はほとんどされないけど、知っておいた方が良いと思いアップしました。
 
参考になさってくださいね♪
 
 
 
ここでは、代表的なものについて説明していきます。
 
【レボドパ製剤】
 
以前にもお伝えしました通り、パーキンソン病は脳内のドーパミンが不足することで症状が出てきます。
 
ここでは、ドーパミンがなぜ不足していくかと言うことについては言及しませんが、病院での薬物療法は「不足したんだったら外から入れればいいじゃん」という考えに基づく療法です。
 
そこで良く用いられるのが、レボドパ製剤です。
 
 
実は、ばい菌や危険なものが血液にのって脳内に来ないように、脳に入る結果には関門があります。
 
ドーパミンは口から入れても、注射しても、それが危険な物とされて、その関門を通ることが許されません。
 
そこで考えられたのが、関門を通り、なおかつ脳に入るとドーパミンと同じ働きをする物質です。
 
それがレボドパ製剤になるのです。
 
 
 
【ドパミン受容体刺激薬】
 
また、脳内ではドーパミンを出す部分(主に黒質)とキャッチ(受容)する部分があります。
 
受容する部分の働きが悪くても、ドーパミンを上手に活用することができません。
 
そこで、その受容するところが活発に働くように刺激を与える薬を投与することもあります。
 
その薬がドパミン受容体刺激薬です。
 
 
 
【COMT阻害薬】
 
COMTとはレボドパを体内で分解する物質です。
これが働かなくなれば、レボドパの量が減りにくくなり、結果的にドーパミン用作用が強くなるとされています。
 
 
 
【MAO-β阻害薬】
 
MAOはドーパミンを分解するものです。
MAOが少なくなれば、分解されるドーパミンも少なくなるとされるために、これを活用します。
 
 
 
その他にもいろいろな薬が活用されます。
 
パーキンソン病と同じような症状をするものに、パーキンソン症候群と言うものがあります。
 
パーキンソン症候群はパーキンソン病とは異なるため、上記の薬では効果や変化が無かったりします。
 
もし自分で薬を飲んでも症状が変化しなかったり、症状が急激に悪くなってきたら、気軽に医師や薬剤師に聞いてくださいね。
 
最終的には、自分の身体を守るのは自分自身ですから!!
 
 
そして、このことも忘れないでください。
 
 
健康な身体になるためにはどうすればいいか!!!
 
 
これはイメージしたり調べたりして、できる範囲からで構いません。
是非行ってください。
 
 
健康な生活ってどんな生活かな?
健康な身体の構造は歪みがある?ない?
健康な食生活はどのようなものかな?
健康的なイキイキした考え方ってどんなものかな?
 
 
そして、それを一つ一つ続けていってほしいと思います。
 
 
症状は身体からのサインです。
身体のどこかが悪くなる、または負担のかかる状態になっているというサインです。
 
その根本的な部分を無視して、薬にだけ頼っていればどうなるでしょうか?
 
逆に、根本的な部分を健康に近づけながら治療を行ったら、どうなるでしょうか?
 
いいことが起きそうですよね。
 
今日もありがとうございます☆☆☆
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ