仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


パーキンソン病・症候群の4大症状

パーキンソン病には典型的な4大症状と言うものがあります。
パーキンソン症候群も当てはまります。

もちろん、絶対に4つが出ていないといけない、というものではなく、そのうち2つが強く出ているとか、個人差がある場合が多いです。

また、これらの症状は病気の進行・回復の『指標』ともとらえることが出来ます。

何かのきっかけで、この指標が良い方向に動くこともあります。
その時に行ったことを私は『スイッチ』と呼んでいますが、そのスイッチを探すことも大切だと考えています。

内臓にスイッチがあるかも知れません。
脳にスイッチがあるかもしれません。
過去の経験にスイッチがあるかもしれません。


当院の施術は、身体全体を調整して自己治癒力が発揮されやすいカラダに戻すことと、このスイッチを入れることを目的にしています。

今回の記事も、何かの参考になればうれしいです。
 
 
前回に引き続き、パーキンソン病・パーキンソン症候群についてお伝えします。
 
 
パーキンソン病の4大症状、
つまり多く見られる4つの症状は以下になります。
 
振戦
無動
固縮
姿勢反射障害
 
 
 
【振戦】
 
ふるえです。
片手から震えが始まり、それが脚やもう片方の手に広がっていくのがパターンの一つです。
 
震えが強い場合は、箸やスプーンで食べ物を口に持っていくことが大変になります。
 
 
ただし、ちょっと考え方の一つとして持っていてほしいことがあります。
 
なぜ震えるのか?
 
これはドーパミンなどの減少により運動が障害されるためと言うのが教科書的な理由ですが、他の視点から考えてみます。
 
血液やリンパの流れが悪くなっていると、刺激を与えると流れが一時的に良くなったりします。
 
これはイメージできるかと思います。
 
つまり、流れが悪くなっているので、震えることで流れを良くしようとする運動が起きる。
 
とも考えることができます。
 
その流れが悪くなっているのは、手とは限りません。
脳内の流れが悪くなっていれば、そのサインとして身体が震える可能性だってありますから。
 
 
 
【無動】
 
これは動きが無くなっていくというものです。
顔に出れば、仮面様顔貌と言って仮面をつけているように表情が動きにくくなります。
 
これにも一つの考え方があります。
振動の振れ幅が大きなうちは、振動という震えの現象となりますが、だんだん振れ幅が小さくなっていくとどうでしょうか?
 
振えがだんだん小さくなっていきます。
実際には震えているにもかかわらず、震えが小さくなっているように見えます。
 
そして、その幅が最小に小さくなるとどうでしょう?
そう、止まっているように見えますね。
 
この無動は振戦と大きな関係があると思っています。
これも循環がとても関与しているのではないかと考えています。
 
 
【固縮】
 
これは動きが悪くなる現象です。
 
肘を曲げようとしたときに、スッと曲がるのではなくグググッと曲がる。ゆっくり曲がっていくような感じです。
 
釣りをする人は、鉛板のような動きです。
 
 
【姿勢反射障害】
 
動作が緩慢になります。
 
たとえば、歩こうとすると正常な場合はスタスタと歩くことができます。
しかし姿勢反射障害があると、最初はゆっくりで、後は棒が倒れるようにトトトッと早くなっていきます。
 
正常な方だと、立っていて後ろから押されれば、とっさに抵抗できますが、この障害が強いと、抵抗できないので前に倒れてしまいます。
 
パーキンソン病・パーキンソン症候群の歩行障害もこのような部分で起きます。
 
 
 
 
その他には、構音障害などのように自分の意志を外に発せにくくなることもあります。
 
次で説明しますが、自律神経や精神症状などもでてくるのも特徴的です。
 
 
症状だけを書いていくと、なんだか不安になったり凹んでしまいますが、身体に良いことをするだけでも維持・回復の期待が持てます。
 
病院での治療薬などについて、良い・悪いなどは言及しませんが、私ができることは、身体を整えることです。
 
身体を整えると、身体と脳内の循環が良くなります。
 
細胞はイキイキするためには、栄養と酸素が必要ですよね。
 
それをきちんと循環させることが維持・回復に非常に大切なことだと考えています。
 
 
全身をトータルで整えていく。
この考え方で治療させて頂いています。
 
 
 
今日も読んでいただいてありがとうございます☆☆☆

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ