仙台市にある当院は自己治癒力を上げる整体で、体の不調を根本改善していきます

石川はりきゅう整骨院


脊柱管狭窄症の原因と治療の考え方

脊柱管狭窄症について、原因について考えてみました。

こんにちは(^-^)
 
今日は脊柱管狭窄症の原因について考えます。
 
というのは、この考えに基づいて施術すると、
脊柱管狭窄症によると思われている症状が
軽くなったり消えたりするからです。

 
 
決して医学の教科書に書かれているものではありません。
 
ただ、人は地球上に生まれて、
地球からの重力を受けながら生きています。
 
どうして脊柱管狭窄症になるのかを考えた時、
この『地球による影響』を無視してはいけないのではと思います。
 
 
 
地上に立っている木をイメージしてみて下さい。
 
高くなる木ほどスッと伸びていますよね。
 
高い杉の木やポプラの木は
一直線に地球の中心から伸びているような感じです。
 
斜めとか曲がりながらではなく、
地面と直行してスッと伸びていますよね。
 
これは自然からのメッセージではないでしょうか。
 
 
斜めに生えている木だって、
地球の中心からの軸に乗るように地面から真直ぐに伸びようとします。
 
 
中学でしたか高校でしたか、
学校で「作用・反作用の法則」と言うものがあります。
 
 
作用・反作用をイメージで説明しますと、
スケートリングにAさんとBさんが並んで立っているとします。
 
AさんがBさんを10の力で押すとします。
そうするとAさんもBさんから同じ力で
押されるように力を受けます。
 
AさんはBさんを押しているけど、
AさんはBさんから押されていると感じます。
 
これが作用・反作用の法則です。
 
 
このとき興味深いのは、
BさんはAさんから押されることで
Aさんを押す力を得た
という点です。
 
 
同じ軸の上であれば、
お互いがお互いに影響し合います。
同じ力で。
 
その軸が曲がっていれば、
同じ力にはなりません。
 
 
ちょっと文字での説明が難しくてすみませんが、
これを脊柱管狭窄症について考えてみます。
 
もちろん、脊柱管狭窄症がイメージしやすいから、
今回の例に挙げるだけで、
脊柱管狭窄症という症状が出ない場合でも、
身体のどこかに問題を起こしていることは確かです。
 
そういう考えも持って、
読んでいただけたらうれしいです。
 
 
脊柱管狭窄症は
脊柱管の中に骨棘というものが出て、
それが脊髄を圧迫(刺激)することで症状がでるものです。
 
写真を見てもらえるとわかりますが、
椎体という骨の部分が上下からつぶされて後ろにボコッと出ている感じです。
 
この出た部分が神経などに触れることで
脊柱管狭窄症の症状がでると考えられています。
 
20150728_01.jpg
このボコッと出るイメージは、
骨が上下から押しつぶされて横にボコッと出た感じですよね。
 
 
なぜ、つぶされてしまったのでしょうか?
 
言い換えると、
なぜ上下の圧力に耐え切れなくなってしまったのでしょうか?
 
 
それが先ほど言った
「作用・反作用」の軸が変になってしまったため
と考えることができます。
 
 
人は立っているとき、座っているとき、横になっているとき、
それぞれ『軸』を持っています。
この軸は頭が自動で決めている軸です。
 
 
 
その軸のうち、
縦方向の軸が地球からの軸と一致していれば、
地球が重力を身体に与えることに反作用して、
身体は上に伸びようというエネルギーを蓄えることができます。
 
 
 
しかし、身体の縦方向の軸が地球の重力の軸からずれてしまうと、
身体が上方向に伸びようという力を得られなくなります。
そのため、変な部分に力がかかることになり、
その結果として背骨の場合はボコッと言う場所(骨棘)ができると考えることができます。
 
 
人の頭で作っている『軸』が地球の軸から歪むと、
バランスが崩れて、身体のあちこちに負荷がかかります。
 
その負荷は、脈管系にかかる場合もありますし、
内臓系にかかる場合もあります。
 
それが背骨にかかったものが、
結果として脊柱管狭窄症となってきます。
 
 
そのことから、
脊柱管狭窄症になる原因が軸の歪みだとしたら、
その軸を改善させることが非常に大切なこととなります。
 
なぜなら、その軸の歪みから脊柱管狭窄症という症状につながりますが、
それは一つの症状として見られただけで、
他の部分にも絶対に負担がかかっているからです。
 
脳血管系に負担がかかれば、脈管機能障害につながります。
内臓系にも負担がかかりやすい状態です。
 
 
軸が歪んでいると言うことは、
斜めの地面でずっと生活しているということになります。
三半規管に異常をきたせばメニエールの原因にもなります。
 
そのくらい、大切な軸なんですね。
 
 
ですので、
脊柱管狭窄症の痛みやしびれは、
「身体の軸が歪んでいますよ」という
身体からのサインなんです。
 
それに気づき、身体の軸を整えれば、
症状が出る理由が無くなりますので、
症状は楽になったり消えたりします。
 
 
逆に言えば、
脊柱管狭窄症に対しては
バランス軸を正してあげなければ、
現象も変化しませんし、症状も無くならないということになります。
 
手術しても、
バランス軸が悪いままであれば、
他の部位に脊柱管狭窄がみられるようになる
ということになります。
 
脊柱管狭窄症が見られなくても、
他の症状が出やすくなっている状態は変わりません。
 
 
実際に、患者さんの
骨盤・頚椎・バランス軸などを整えてあげますと、
その場で症状が変わったりします。
 
そのくらいバランス軸が身体に影響しているということになります。
 
 
この考え方は病院にはありません。
 
ですので、
病院と違ったアプローチをしたい、
湿布や薬や手術ではなく症状を楽にしたい。
 
そう思う方は是非お気軽にご連絡ください。
 
 
当院の施術を通して、
少しでも楽になっていただけたら嬉しいです。
 
そして、あなたを通して、
イキイキとした社会となりますように。
 
感謝してます☆☆☆

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ