仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


オスグッド・シュラッター病の治療と考え方と整体

オスグッド・シュラッター病は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られるものです。
 
膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎とされていて、オスグッド・シュラッター症候群ともいう。
 
 
多くの場合は、膝の下付近に痛みを感じますが、膝裏に感じる方もいます。
 
ジャンプやランニングなどの衝撃が膝下(脛骨の脛骨粗面というところ)にかかることで、炎症が起き、痛みが発生するとされています。
 
 
病院では、痛みどめの処方や運動制限、理学療法を併用しての対処療法を行うのが一般的です。
 
が、なかなか良くならないケースがあります。
 
 
今回はオスグットについての考察を述べたいと思います。
 
 
 
確かにオスグットは膝下が痛くなる炎症と考えられますが、もう少し具体的に考えると…
 
ジャンプや急激なダッシュなどにより、もも(大腿)の筋肉の収縮により、筋肉が骨についている部分を引っ張って炎症が起きると考えられます。
 
 
でも、同じ運動を行っている人でもオスグットになる人とならない人がいるのはなぜでしょう?
 
 
なりやすい?
なりにくい?
 
 
では、なぜなりやすくなっているのでしょう?
 
 
私は、骨盤の位置によると考えています。
 
もう少し具体的に言うと、腸骨の位置と仙腸関節に歪みがあると、ももの筋肉(大腿四頭筋)が引っ張られる状態になります。
 
つまり、平常時においても、大腿四頭筋が引っ張られることで緊張している状態になります。
 
オスグットで来院された患者さんは大腿四頭筋を押すと痛みが出る傾向にあります。
リラックスしている状態でも。
 
 
なので、骨盤を整えてあげて、大腿四頭筋にかかっている負担をなくしてあげることが根本治療になるのではないかと考えています。
 
 
湿布やリハビリで筋肉を動かすよりも、まず負担となっている緊張をとってあげることが大切!!
 
 
現に、オスグットで来院される患者さんの多くが、骨盤を整えてあげると痛みが軽減したりなくなったりします。
 
 
ですので、骨盤や骨・筋肉のあり様を正常に戻してから、対処療法を行うのがよりベターだと思っております。
 
 
もしオスグットでお悩みでしたら、まずは身体全体を整えて調整する整体を受けることをおすすめいたします。
 
若いころの無理は、長引くと後々出たりします。
お身体のメンテナンスは、若いころからしておくと、とってもいいですね(^^)
 
どうぞ、ご自愛くださいませ。

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ