仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


病院で「異常なし」でも痛い

医者から「異常なし」と言われたけど、痛みがある
 
 
当院に整体や鍼灸(希望者のみ)を受けに来る方の中に、
 
「病院(整形外科や内科)に行ったが、医者から異常なしと言われた」
「でも、痛い」
 
という方がいます。
 
 
中には
「ヘルニアかなぁ…たぶん」
とか
「よくわからないなぁ」
と言われる人もいます。
 
 
レントゲンで写るのは、骨(ほね・コツ)です。
骨折や不全骨折(ヒビ)、そして「大きな」位置異常などはわかると思います。
 
しかし、小さな位置異常まではわかりません。
 
ましてや、レントゲンには血管や神経、筋肉などの軟部組織は移りませんから、
それが原因での「痛み」や「不調」はわかりません。
 
 
MRIやCTも、はっきりとした映像が見えれば、
損傷があれば
「それが原因かも」(原因とは限りません)とみることはできますが、
位置異常が原因しているかどうかは判断が難しい。
 
では、「痛み」があるときに
病院ではどのように治療していこうということに関しては、
 
薬物療法と手術の選択になってしまいます。

とりあえずの「薬物療法」(痛みどめ)になります。
 
もちろん、構造が原因で痛みなどが起きているのであれば、
薬物療法(シップ)などは「痛みを取り除く」ことになりません。
あくまで「痛みをわからなかくしている」状態です。
 
だから、痛みどめを飲んでも痛みが引かないというのは、
わからなくしようとしても、それ以上痛い状態にあるということです。
それか、痛みどめで遮断している物質以外の物質が「痛み」として認識されている。
ということです。
 
もし「痛みどめ」が効いているときに、
自然治癒力が上手に発揮できれば、
薬物療法をしている間に、自力で治るので、楽になります。
この場合は、薬物療法をしてもしなくても「治る」というものです。

もちろん、耐え難い痛みの時は応急的に薬に頼ることも必要な場合があります。
 
 
したがって、
痛みがあるけど、病院に行っても「異常なし」となった場合は、
 
今の機械では「異常がわかりません」と医師が言っていることになります。
 
「異常なし」ではなく、「異常がわからない」ということです。
 
 
その場合は、構造だったりだったり栄養を考える必要があります。
(誤解してほしくないのは、心の問題は「心が弱い」とか「気合が足りない」という人がいますが、それは間違いだと思います。根性論は何の解決にもなりませんので)
 
 
栄養から考えても、
 
「痛い」と言いつつ、カップラーメンや添加物がたくさん入っているものを食べていたら、
「治ろう」とする自然治癒力が発揮されにくくなってしまいますよね。
 
ただでさえ、食の安全という問題がありますが、食の力という問題もあります。
食の力については時間のある時に書ければと思います。
 
 
もし、病院に行っても原因がわからない場合は、
 
気軽に当院に来院していただければと思います。
 
 
当院では、レントゲンもMRIも使うことはできません。
しかし、あなた(患者さん)の身体を使って「どこに問題があるのか」を探っていきます。
 
筋力テストを使いながら探しますが、
それはあなた(患者さん)にとっても自分の身体を把握する良い機会になると思います。
 
 
病院に行っても「異常なし」と言われた。
病院で「あなたは心の病気だ」と言われた。
 
もうあきらめるしかない、仕方がない…
 
 
病院はある程度のマニュアルがあります。
そして、病院には病院としてのアプローチ法があります。
 
逆に言えば、病院では病院によるアプローチしかできません。
医師もそのように学校や現場で習ってきているから、
他の、たとえば東洋医学やキネシオロジーについて勉強している医師は少ないです。
 
 
ですので、病院で「わからない」とか「良くならない」と言われても、
それは「病院にかかるとそうだ」という範囲のことだと思います。
 
 
世の中には、さまざまな療法があります。
 
 
どうか、あきらめないでください。
 
 
あなたの力に支えになれればと思います。
 
 
仙台でソフトな整体の石川はりきゅう整骨院
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ