仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


脊柱管狭窄症整体の目的

脊柱管狭窄症の現医療と僕の考え方
 
 
「この痛みや痺れは脊柱管狭窄症と診断されたから治らない・・・」
こんな理由で治療をあきらめないでください!!
 
ここでは脊柱管狭窄症の病院における治療法と、
石川はりきゅう整骨院の考え方・治療について書いていきます。
 
 

脊柱管狭窄症とは

 
後発年齢としては、ご高齢の方々が診断を受ける場合が多くありますが、
若年層でも診断を受けることがあります。
 
ここで注意していただきたいのは、
 
腰痛がひどくて整形外科を受診したら脊柱管狭窄症と診断された。
 
この場合、誤解されがちなのが、
「脊柱管狭窄症が腰痛の原因となっている」と思っちゃうことです。
 
 
本当は…
 
「診断を受ける」≠「腰痛の原因」
 
なのです。
 
 
診断を腰痛の原因としてしまう場合が多くありますが、
脊柱管狭窄症がみられるからと言って腰痛があるかと言われれば、ない方もいます。
 
 
 
脊柱管というのは、脊椎(背骨:頚椎、胸椎、腰椎、仙椎など)の中に開いている脊髄を通す穴のことです。
 
 
脊髄からは脊髄神経が出ています。
 
脊髄神経は筋肉を動かす神経(運動神経)、痛み・温感・触覚などの刺激を脳に届ける神経(感覚神経)、そして自律神経が通っています。
 
それらの神経は脊椎と脊椎(椎骨)の間から脊柱管内外に出入りしています。
 
 
脊椎の椎体という部分に出っ張り(骨棘)ができて、
それが脊柱管をとおっている神経の束を圧迫すると、
それよりも下側の症状が現れます。
 
運動神経を圧迫すれば、運動麻痺が起きます。
運動麻痺とは、足に力がはいらず立てなかったり歩けなかったりすることです。
 
ひどい方ですと、排尿異常(失禁や排尿困難)などの症状がでます。
 
 
 

脊柱管狭窄症の原因

 
脊柱管狭窄症は大きく分けると先天性と後天性に分けられます。
 
・先天性脊柱管狭窄症・・・生まれつき脊柱管が狭く、成長するにつれて脊柱管が正常より狭くなったもの
 
 
・後天性脊柱管狭窄症・・・成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったもの。
 
後天性には脊柱管を囲んでいる黄靭帯や後縦靭帯の肥厚を含みます。
すべり症により脊柱管が狭くなったもの。
椎間板が脊柱管に飛び出る椎間板ヘルニアなどによるもの。
腰椎への手術などにより狭窄したもの(手術による刺激で骨が形成されることもあります)。
外症によるものなどが原因。
長年の身体の使い方により骨が脊柱管側に増生されたもの(中高年に多い)
 
などなど、いろいろなものが含まれます。
 
 
私の考えでは、骨棘自体は必要だからできるものとして考えたら、
 
骨に上下から圧力がかかって押しつぶされそうになりながらも耐えようとするためにできるのではないかと思います。
 
 
おおざっぱに言えば、プリンを上から圧力をかけると横に広がります。
 
それと同じように筋肉が保たれていて、脊椎の動きを適度に行っていれば、椎骨への一定の加重(負荷)は避けられますが、運動(脊椎を動かさずに)せずにいると一定の方向から骨に負荷がかかります。
 
 
その負荷の逃げ場所が骨棘を生むきっかけになると考えられます。
 
 
 

脊柱管狭窄症の症状

 
※脊柱管狭窄症でなくても見られる場合もあります。
 
  • 間欠(性)跛行
  • 狭窄下部の痛みやしびれ
  • 運動麻痺(力が入らない)
  • 脱力感
  • 排泄障害(排便意識が無いのに出る・出ない)
  • 排尿障害(尿が出てしまう・出ない)
 
 
・しばらく歩くと、だんだん下肢が痺れたり重くなったり、痛みが出たりして、歩くことが困難になります。ただし、腰掛けたり前かがみでしばらく休むと、また歩けるようになりますこれを間欠跛行(かんけつはこう)と言います。
 
(注)歳のせいで歩けなくなったのでありません。病的症状です。間欠跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられる症状です。
 
・脊髄から出ている神経の根(神経根)が圧迫されると圧迫された方に痛みやしびれがでます。
 
・仙骨にある馬尾神経(脊髄の下の部分)が圧迫されると、足の痺れや麻痺、脱力感のほかに、便尿が出ない、我慢できないなどの排泄障害が起こります。
 
 
 

脊柱管狭窄症の病院での治療

 
まずは検査(X線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査)をします。
検査結果により、脊柱管狭窄症が見られると・・・
 
・保存療法
薬物療法
 「非ステロイド性消炎鎮痛薬」や「内服薬」、「貼付薬」「塗り薬」などの薬物療法です。 他に、「循環障害改善薬」(血管を広げる作用がある)にて、血流の改善を図ります。
 
理学療法
 
血行の改善を目的に、ホットパック(温める)による温熱療法。超音波療法、場合によっては腰椎の牽引を行います。
 
装具療法
 
腰部の安静を目的に、腰部コルセットを装着します。
 
神経ブロック
 
痛みの伝達を遮断(ブロック)する事や、炎症を鎮める目的で、「局所麻酔薬」を注射します。
 
手術
脊柱管狭窄が起きている部分を手術で削り取ります。
 
 
疑問
 
上記は一般的な病院でなされる治療です。ただし、疑問が残ります。ここに挙げられた治療方法は、手術以外は身体の構造を変えることはしません。と言うことは、原因が骨棘にあると診断しながらも、骨に対して何もしていないことになります。
 
もし本当に脊柱管狭窄症により腰痛や間欠跛行が現れているとしたら、どうして保存療法や薬物療法、理学療法や装具療法といった治療手段をとるのでしょうか?
 
保存していれば脊柱管が広がるのでしょうか?
薬物を服用すれば脊柱管が広がるのでしょうか?
コルセットをすれば脊柱管が広がるのでしょうか?
 
答えは誰でも知っています。
薬を飲んでも理学療法をしても脊柱管は広がりません。
牽引をしても脊柱管は広がりません。
 
では、なぜそのような治療法がなされるのでしょうか。
 
これは、脊柱管狭窄症を手術しなくても腰痛が軽快する場合が多々あるからです。
 
 
そのような腰痛は脊柱管狭窄症による腰痛でしょうか?
それは違います。腰の筋肉の緊張により引き起こされる腰痛です。
 
 
下肢の運動麻痺(動かない)や尿意が無いにも関わらす出てしまうなどの排泄障害が確実に起こっているのなら、それは脊髄神経に問題がある(脊柱管狭窄症による場合も多い)ということですが、腰痛や下肢のしびれだけであれば、それは脊柱管狭窄症だけが原因となっていると考えるには無理があります。
 
 
 

脊柱管狭窄症に対する石川はりきゅう整骨院の考え方・治療法

 
腰が痛くて病院に行ったら脊柱管狭窄症と言われた・・・
 
でも、それはX線やMRIで見られた状態を言葉にしているだけで、腰痛の原因が脊柱管狭窄症によると断定するのは早すぎると思います。
 
 
まずは腰の筋肉を柔らかくすることが大切です。
 
 
一時的に鎮痛剤を服用するのも仕方がないときはありますが、それを継続するようでしたら、問題解決になりません。
 
それより、継続を続けることで胃腸が不調となったり、血圧が上がるなどの症状が出やすくなります。
 
まずは腰の筋肉をきちんと柔らかくする施術を受けてください。
 
 
棒を縦に建てようとすると、それをまっすぐにバランスを取るワイヤーが必要になります。
たとえば、鉄塔です。
 
NHKsendai01.png
右の写真は仙台のNHKの鉄塔ですが、
棒が立っていて、そのバランスを整えるようにワイヤーで引っ張っています。
 
もし、ワイヤーの一つでも強すぎたり弱すぎたりしたら、
次第に棒は倒れてしまいます。
 
また、倒れないにしても、引っ張る力は均等ではなくなってしまうために、他のワイヤーに負担がかかったり、棒に負担がかかったりします。
 
この場合、鉄塔はかなり強固なので、引っ張られても変形しません。
棒が背骨だったらどうでしょうか?
 
 
鉄塔とワイヤーの関係は、脊柱と筋肉の関係に似ています
 
脊柱を支えている筋肉のバランスが崩れれば、
脊柱にかかる負担が増え、その分脊柱から出ている神経を圧迫しやすくなります。
また、骨棘もできやすくなります。
 
 
そして、脊柱の土台である骨盤が傾いていたらどうでしょうか?
 
鉄塔の土台が傾いていたとしたら、
ワイヤーの張り方が変わってきてしまい、
バランスを取ることがとても大変なことになってしまいます。
 
脊柱においても、土台となる骨盤が傾いたり歪んだりすると
脊柱を支えている筋肉のバランスが崩れ、
腰が痛くなったり、肩が痛くなったり、足や手、頭にも症状が出てきます。
 
 
このように考えていくと、
脊柱管狭窄症の症状が出ている方をみていくと、
 
骨盤(土台)を正して、
筋肉のバランスを正してあげると、
症状が軽減することが多くあります。
 
 
このことから、石川はりきゅう整骨院では、
 
骨盤を含めた全体のバランスをもとに戻してあげることに重点を置いた治療が大切だと考えています。
 
整体はソフトなものですが、上のような構造を整えることを目的として手技をしています。
 
 
どうぞお気軽にご相談ください。
 
 
石川はりきゅう整骨院
 
石川
 

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ