仙台市宮城野区で満足度NO1の整体なら石川はりきゅう整骨院へ

石川はりきゅう整骨院


整体と肩こり(頸肩腕症候群)

頚肩腕症候群とは / 仙台市宮城野区 石川はりきゅう整骨院
 
 

肩こり…頸肩腕症候群

 
 
肩こりは病院に行くと頸肩腕症候群という名前が付けられます。
 
「症候群」というのは、「頸肩腕に症状があるもの」というものなので、
頸肩腕症候群は、変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニア胸郭出口症候群などの病因が確認できないものを指します。

変形性頸椎症や頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群なども整体で症状が楽になる方が多くいます
 
 
このような症状を持つ方に、
 
  • 気が付くと肩に力が入っている
  • 常に肩こりに悩まされている
  • パソコンなど長時間同じ姿勢で仕事をしている
  • なで肩で首が細い
  • 赤ちゃんや子供をだっこしていて腕を下げている
  • 心配事などがあり、緊張してしまう
 
のような方が多くいます。
 
 
つらくて病院に行くと、「頚肩腕症候群です」と言われたことはありませんか?
 
辛い方には、手のしびれや握力の低下が症状として現れる方もいます。
 
病院では原因がわからないので、「頸肩腕症候群」というひとまとまりの名前で片づけられてしまいます。
 
 
 

肩こり・頸肩腕症候群の原因

 
主な原因は首や肩、背中の「筋肉が硬くなる」ことです。
 
では、なぜ首や肩、背中の筋肉が硬くなるのでしょうか?
 
それは、身体のバランスが崩れていたり、骨盤が歪んでいたりすることです。
 
もちろん、使い過ぎの場合もありますが、
人が身体を使う時は、一つの行動でも全身を使います。
 
右手でものを持ち上げるときに、
腕の筋肉だけをつかうものではありません。
 
腕の筋肉、腕を持ち上げるために肩・肩甲骨・胸の筋肉、それを支える土台として背部と腹部の筋肉、そのまた土台となる腰・骨盤周辺の筋肉。
 
つまり、
腕や肩をマッサージしても
他の場所に原因がある場合、
変化が無かったり、すぐに元に戻ります。
 
 
もう少し具体的に説明しますと、
身体のバランスが崩れていたり、骨盤が歪んでいると、
腰部から肩甲骨にかけてついている筋肉が緊張するために、
そのため、肩甲骨や腕を下に引っ張ります。
首や肩の筋肉はどこの骨をつないでいるでしょうか?
 
頚椎から肩甲骨や胸椎や肋骨です。
長い筋肉になると骨盤までつながっています。
 
このことから、身体のバランスや骨盤バランスが崩れると、
その上に症状が現れるようになります。
この場合も肩こり・頸肩腕症候群と同じような症状が見られます。
 
 
 
一定の姿勢を続けることは
特定の筋肉を常に緊張させていることになります。
 
その結果、筋肉の間をとおっている毛細血管が常に圧迫されていることになります。
 
そのため、血行不良が起こります。
血行不良は局所の酸素不足栄養不足を引き起こします。
 
 
また、筋肉の緊張により静脈が圧迫されると、
老廃物の排出や緊張成分(カルシウムなど)の排泄が困難になり、凝りや痛みが続きます。
 
 
疲労の原因として、パソコンやデスクワーク、ゲームなどで長時間同じ姿勢をとり続けることです。
その他にも腕を上に挙げる動作やずっと立っている状態なども含まれます。
 
運動不足で筋力が低下することも原因(筋疲労が起きやすくなる点)になります。
 
 

自律神経の働きも大切です

 
また、見逃せられがちなのが、ストレス精神的な緊張です。
 
家事や仕事などでストレスが多くなってくると交感神経が緊張します。
 
交感神経が緊張している状態が続くと、筋肉が硬くなります。
交感神経は血管を収縮させるので、循環不良を引き起こします。
 
そのため、ストレスなどで精神的な緊張が続くと、
酸素や栄養を回復のために必要としている筋肉に
酸素や栄養が行き届きません。
 
そうすると、回復が遅れてしまうため、筋肉はもっと硬くなります。
 
これが肩周辺に起これば、「肩こり」として認識するようになります。
 
 
 

病院における頚肩腕症候群の一般的な治療


ここでは病院における一般的な治療にいてです。
 
基本的にはその症状に対しての対症療法が行われます。
対処療法をして「自然に治ってくれる」のを待ちます。

薬物療法
非ステロイド性抗炎症薬、筋弛緩薬などが多いようです。
精神的な部分ではないかと判断されると、抗不安薬などが処方されます。
 
理学療法
温熱療法、牽引療法など。
循環を良くすること、筋肉を伸ばしてあげる目的で行われます。
 
また、漢方などを処方するところもあります。
漢方を使う場合は、漢方に詳しく東洋医学に精通している医師であれば、舌や目や脈なども参考にきちんと患者さんに合う漢方を選びます。また、筋力テストやO-リングなどを行う先生はより一層患者さんに必要な漢方を選びます。

しかし多くの病院では○○製薬さんが進めたままに「○○に効くのはこの漢方です」というように出します。
それは実際の漢方の使い方とは異なります。同じ症状でも原因が異なれば異なる漢方が選ばれるはずですから。
 
葛根湯はまだ元気のある状態に効くことがあります。
葛根湯の適応症状をみると「肩こり」とかかれてある場合があるのはそのためです。
身体を温める作用があるので、循環を促進してくれます。
 
 
 

石川はりきゅう整骨院の頚肩腕症候群に対する治療法

 
 
筋肉を過度に動かしていると、筋肉痛という形で痛みが出てきます。
 
しかし、頚肩腕症候群での痛み痺れは、
一定の姿勢を保つことによる、筋肉を動かさないために起こる痛みと考えられます。
筋肉を動かさなければ、筋肉の間を走っている血管や神経が圧迫されます。
圧迫が一定以上続くと、痛み痺れが出てきます。
 
また、緊張状態が続くと、
緊張成分(老廃物や乳酸、カルシウムなど)が
排出されずに溜まります。
 
その場に溜まると、酸素栄養素の供給が阻害されるので、より痛みが強くなります。
一つの筋肉が緊張すると、その周囲の筋肉が変わりに動かそうと力が入るので、硬くなります。
 
このように最初は部分的に硬かったのが、
気づいたら「頚や肩全体が硬くなっていた」という状態になります。
 
もちろん、循環不良が起これば、酸素不足や栄養素不足が進むため、だるさが起きます。
 
全てが筋肉の緊張(硬くなった状態)が続くことで起きてくるのです。
 
 
そして、最初は肩の筋肉のみの緊張だったとしても、
一部が緊張しながら過ごしていることで身体全体がバランスが崩れた状態でバランスを取ろうとします。
 
 
ということは、
 
  • バランスを整えること
  • 骨盤を安定すること
  • 硬くなった筋肉を柔らかくすること
 
が大切なことになります。

ただし、
摂取する食べ物や睡眠なども非常に大切です
 
 
首の骨がずれているとか、首の骨が変形しているというのは、
頚肩腕症候群以外の人にも見られます。
 
首の骨がずれているとして、そのずれを正したとしても、筋肉が緊張していれば、もとに戻ります。
筋肉が骨を引っ張っているのですから。
 
筋肉は強い力をかけるとそれに反発するような性質があります。
これは防御反応の一つです。

強く揉む・・・緊張して防御する
急激な力を加える・・・緊張して防御する(ムチウチなどもそう)
強く叩く・・・緊張して防御する
 
このことから、強い刺激はマイナスになることが多いと判断できます。
 
筋肉の硬い人に多く見られるのが、
「強く揉んでほしい」
というものです。
 
なぜでしょう?
 
それは、筋肉を強く揉むので、揉まれた筋肉がもっと硬く緊張してしまいます。
硬く緊張してしまった筋肉は、強く揉んでくれないと「揉まれた気分」がしないのです。
そのため、強く揉んでほしいとなります。
そして、強く揉むと、より一層筋肉が強く緊張してしまうのです。
負の循環です。
 
 
負の循環から脱するには、
ソフトな刺激と身体のバランスを整えることがとても大切となります。
 
 
仙台整体をしている当院の治療は、
ソフトな手技で筋肉を柔らかくし、
筋肉と骨のバランスを整えていくようになります。
 
ソフトな整体で全身のバランスを良い状態とし、
局所的な硬さ(硬結)を刺激と運動法で柔らかくしていきます。
急激な動きや、不安を伴う手技はいたしません。
 
筋肉を柔らかくするには、筋肉を柔らかくする施術があります。
それは強く揉んだり押したり叩いたりするものではありません。
 
優しくゆったりとした刺激が筋肉に、自律神経に働きかけ、首や肩の筋肉を弛めてくれます。
 
中には施術中に寝てしまう方もいます。
 
肩が痛くても、腰の調整もします。
 
骨盤の位置異常も正さなければだめです。
 
肩が痛いからと肩だけを治療しても、
身体全体のバランスが崩れていれば、
また辛くなってきてしまいます。
 
このような考え方、どのような症状であっても全身のバランスを整えることが大切だと考えています。
 
 
また、希望される方には鍼治療も行います。
安心安全な鍼治療です。
整体を数回行ってから鍼治療を受けてみてもいいと思います。
 
 
首や肩の痛み、どうぞあきらめないで下さい。
そして、頭痛まで起している方は、お早めに治療を行ってください。
 
あなた様の頚肩腕症候群(肩こり)が楽になりますように。
 
 
石川はりきゅう整骨院

石川はりきゅう整骨院のご案内

住      所:
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目16-16
アクセス:
東北本線 仙台駅から一つ目 東仙台駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
022-781-7576
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
日曜日・祝日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ